« 5/4 ムーンナイト伝説 | メイン | 5/12 浅くのみ春は霞みて 嫁の色わずかに青し »

5/5 馬越にも衣装

Hira野辺山で迎えた朝、時間調整のためルートを少し戻りJR最高地点1375m。さらに少し登った平沢峠からは、八ヶ岳の雄大な山塊が目前に拡がる。左手には南アルプスの北岳・甲斐駒ケ岳、右手には宇宙電波観測所のパラボラアンテナ。ついでの時間調整のつもりが、一番のハイライトになった。何で今までこの峠を知らなかったのか。次は飯盛山ハイキングに来よう。

一昨日と同じように川上村に入るが、今日は信州峠ではなく北の馬越峠へ。読みは「まごえ」又は「まごい」らしい。野辺山ウルトラマラソンでは終盤の壁で「どうしてこんなキツい峠を走らされるんだ」とコースプランナーを恨めしく思いながら十年前に越えたものだ。今日もウルトラの練習らしいランナー達が走っている。チャリは楽ちんだよ。

Inukoro峠で一休みし、南相木村に入ると眺望に優れた岩場も。坂を豪快に下り「滝見の湯」に寄っていく。地元民やライダーさんに人気で、オープン時刻からそこそこの賑わい。長野県の温泉はぼったくらない所が良い。ゆっくりさっぱりして服も替え、小海駅のスーパーで昼食。

あとは慣れた道、まっすぐ佐久に向かおう。と思ったら佐久穂町に黒澤酒造を発見。ラブライバーとしては無視できぬ? 純米大吟醸「黒澤」を入手する。

Orpheus旅の目的地、佐久市子ども未来館に到着。プラネタリウム数がやたら多い長野県内にあって最高級のシステムだったものが、今年3月さらにリニューアルされたので早く観たかったのだ。なるほど最新投影機オルフェウスのメリハリある星空は素晴らしい。しかし春の夜空は天の川が目立たず、日周運動軸を殆ど動かしてくれないまま、生解説を15分でさっさと切り上げてしまうのが勿体無い。

後半は配信番組「ドラえもん 宇宙ふしぎ大探検3」。やたらとふしぎ道具を乱発する脚本が投げやりというか、このシュールさが藤子不二雄の味な気もしつつ。内容はドラちゃんが地球環境の大切さを説くものだが、これを観て感動している子供も、大半は「必要以上に」環境を汚す側の大人になるんだ。ショッギョ・ムッジョ。

Pr139あの県道139号を経由し、小諸駅でチャリを分解する。駅前ティーサロン寿徳の小倉クリームトーストとコーヒーで一休みし、あとは列車で松本に帰る。大弛峠には行かれなかったけど、大好きなキャンプツーリングとプラネタリウム巡りが出来て、至福の旅だった。GWの残り1日はテント干しなど後片付けに充てる。 

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005