« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

12/23 ガリガリ戸狩野沢温泉

青春18きっぷを使い、松本から飯山線の戸狩野沢温泉駅へ。さすが北信地方という雪景色のなか、歩いて野沢温泉を目指す。南側から外湯巡りをする予定が、道を間違えて北側からとなったがまあいいや。基本無料だが時々は小銭を放りつつ「熊の手洗湯」「上寺湯」、洋食屋よしのやで柔らかくて美味しい豚ヒレカツランチを頂き、「真湯」「麻釜の湯」。塩カケホーダイの温泉たまごを頂き「滝の湯」。

Hikage 動く歩道というのが無料なので乗ってみると、降りた先は中学のスキー教室で使った日影ゲレンデが視界に広がる。ネガティブな記憶もあるが何が悪いわけでもない。身体が全快なら、今すぐ板を借りて滑り出したい。
そこでなぜかガリガリ君のプロモーションをしていて、一本ゲット。今年最初のガリガリ君をまさか冬のスキー場で食うとは。

Takinoyu こうしてまた予定外の寄り道があったが、状況に応じてコロコロ経路が変わるのもオリエンテーリング的で面白い。南側に回り込みように「秋葉の湯」「中尾の湯」、大学の部活で泊まったエスポワールエビスも懐かしがりつつ「新田の湯」「十王堂の湯」、ああもう服の脱着が面倒だ「松葉の湯」「大湯」、温泉まんぢうを頂いて「河原湯」、ここまで烏の行水だったがオーラスの「横落の湯」は気持ちゆっくり入る。

これで計13外湯をコンプリート。いっぺんこういう温泉バカな事をやってみたかったんだ。13種を1コずつじゃ頭が無い、と考えるのは麻雀脳か。たぶん一日の入浴数はパーソナルベストで、もう大満足で街をあとにする。リハビリ中の肩の筋肉痛もだいぶ良くなった、気がする。

暗くなるころ上境という小さな駅に着き、あとは列車で松本に帰る。歩行計23.5km。

12/8 You say 湧水

休業中に溜まりに溜まった仕事があるのだから、最近は立ち仕事の残業続きである。それはそれで有り難い事。上昇の一途だった体重も減少に転じた、気がする。左肩の燃えるような疼痛は続くが、コーヒーを挽くときにミルを押さえる動作が出来るようになるなど、徐々に筋肉が復活してきている実感がある。

それでも自転車の遠乗りには不十分で、休日に出来ることはまだウォーキングくらいだ。ときおり吹雪くなか、庄内、並柳方面の買い物がてら、弘法山古墳も登り降りする定番ルートで12.7km。松本の中心街を抜けるように歩けば、湧水群があるから給水に困らないのが良い。

ところで5月のツーリングについて「小串鉱山の写真をもっと見たい」と言ってた人がいたことを思い出し、旅行記ページと一部重複しつつも77枚の写真を一挙にフォト蔵に開放した。
→フォト蔵:毛無峠と小串鉱山遭難記フォトアルバム
彷徨いだしてから極端に撮影頻度が落ちている。10月に友人Hが自転車放棄地点まで到達している筈だが、もう流されてしまったのだろうか。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005