« 5/5 うちぼーい! | メイン | 5/18-19 この素晴らしいプラネタリウムに広報を! »

5/11-12 浅間山とカレーめん

Toast土曜の昼、輪行で小諸駅に降り立つ。自転車を組み立て、ティーサロン寿徳で小倉クリームトースト&紅茶を頂く。小諸に来たらこれは食いっぱぐれたくないもの。

爽やかな天気のもと、浅間側の坂を登っていけば信州青少年の家、前日祭会場である。ちょっとした補給食やクーポン券、勇者の証、あとキャラクターオプションとしてヤマノススメを追加してあったのでそのTシャツなども受け取る。今回ロゲイニングめいたイベントはないのでケバブを食ったりしてまったり、三宅大志さんらのトークショーは音響難で半分聞くくらい。

本番のビンゴ大会はお馴染み東城咲耶子さんの進行で。手持ちのカードがわりと早く揃ってくれてまだ高額賞品もよりどりみどりだったが、planetarianのバッジがあるなら私が頂かなくてはなるまい。

街へ下りて古久清食堂で夕食。スーパーで朝食を買い出しして、そこら辺の草地でゲリラキャンプ…毎年このパターン。そういえば何で三年連続で同じイベントに申し込んだんだろう。運営さんがネクロマンサーに扮したキービジュアルに惹かれた訳じゃないぞ?…でも小諸に来れば何か良いことがあるってイメージがあるんだ。夜空を見上げればうしかい座、おとめ座、しし座といった春の星座たち。

/

Start日曜の朝、ちょっと冷えるが今日も良い天気になりそう。信州青少年の家に続々集まるオタクな青少年たち(ほぼおっちゃん)。実数は不明だが、値上げにも関わらず去年よりだいぶ増えたらしい。影山ヒロノブさんのゼッケンが340だからそれくらいかな? オタクの大群が公道を堂々駆けるイベントはレアだからな。キャラクタージャージもびっくりするほど多彩で、特にゆるキャンおじさんが増えたなー。けもフレは絶滅。走り易さを度外視したコスプレさんもちらほらいらっしゃる。あんたら優勝。

見た限りランドナー乗りは私ともう一人だけで、その人と昔話をしているうちに開会式、そしてグランフォンドKOMOROが7時の一斉スタートを迎える。パンツァーフォー! 序盤の1000m林道なら長蛇の列も無問題(?)。乗鞍仲間のKさんGさんらとだいたい同行して軽井沢エイドへ。ここからは北へ、峰の茶屋越えなので完全にばらける。

Tsuma楽に1イベントを完走することより、私が維持増進したいのは旅を楽にするための体力。今年も「クロモリ重戦車ゆるキャン△仕様」と銘打ってフルキャンプ装備を貫きつつ、登り坂は出来るだけ攻める。戦車は重い方が強い。去年との違いは、サイドバッグにガルパン黒森峰ワッペンを、フロントバッグにゆるキャン△ワッペンを夜なべして縫い付けてあること。マップケースやサコッシュはラブライブとプラネタリアンで飾る…いったい私は何おじさんなのか。

群馬県に入り、雄大な浅間山を望む北軽井沢エイドを経て、干俣のしみずにはキュアエイドが登場。わぁいぷいきゅあシールもらっちゃった。少し先には、かつて小串鉱山へ通じていた毛無道の入口を見つけ、いろんなことを思い出す。

Megumin嬬恋エイド前後のキャベツ畑が広がる風景も素晴らしい。雨には雨の良さがある、と思うけどやっぱり晴れているに越したことはない。いよいよ体力の残りが心配になってくる地蔵峠への登り。暑くてボトル水も心配になった、絶妙な位置にキュアエイドが再び登場。私設とのことだが完走率を10%くらい押し上げたに違いない。長野マラソンで壊した肺が完治してなくてちょっと苦しいが、どうにか最高標高地点1732mの湯の丸エイドに到達する。

Curry_2エイドのカレーライスだけだと重戦車には燃料不足なので、おもむろにガソリンストーブで湯を沸かし、カレーかぷめんを作って食う。もう一つ持ってきていれば、ゆるキャンなでしこコスプレの人にご馳走できたのになー。

長野県に戻り、霞んではいるが八ヶ岳・蓼科山の眺望も広大。運営サイドが「最も見てもらいたい景色」だろう。悪魔おじさんさんのエールを受けて最終難関のDevil's slopeも攻略。小諸エイドからほんの少し走れば100kmゴール。去年の苦情を受けてか「これでもか!」ってくらい分かりやすく表示してあって、同日開催のグランフォンド軽井沢の人達が間違って入り込むほどだった。

Hishino_2雨でひたすら先を急ぐしかなかった去年に比べると30分以上遅い。それだけ長い時間楽しめたのだから良しとしよう。ピカッとオジ☆チャンどもの背中を見るためのイベントなのだから、ボリュームゾーンの真ん中にいるのが一番おトクだ。しゃかりきにペダルを回した後はちるちるのジェラート。コスプレ組に準じるくらい目立つ格好をしていたので、道中たくさんの人に声を掛けて頂いた。こんな嬉しいことがあるか。名残惜しくお別れし、小諸駅に下りて輪行。駅の階段が凄くキツく感じられるほど、脚を使い切った一日だった。

最近話題のルール&マナー面は、さすがみな嫁を背負ってるだけあって大人しい。ドラフティング前提の声掛けが過剰にも感じられたが、無いよりは良いのだろう。それよりおクルマ様の気持ちを考えて隊列を短くするなど、背中に眼が付いているかのような背後に至るまでの気配りが大切ではないかな。まぁ、たまには皆でうわーっ!て走るのも楽しいね。

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005