« 7月22日 惰眠とリハビリの日々 | メイン | 7月24日 浮かない話 »

7月23日 軽井沢への重い業

昨日、足が「走り足りない」とほざきやがった。なら嫌と言う程走らせてやる。たしか先月「今の体力じゃ無理だ」と思って廃案にした、松本⇔軽井沢の日帰りサイクリングプランがある。実行に移せ。そもそも一日170kmを超える距離が平地でも未経験な上、大小たくさんの峠を越えなければならない。

というわけで、朝の5時半に松本を出撃。目標は日没までに帰って来る事。すぐに第一関門の三才山トンネルへ登り500mUPが始まる。予想外に雨が本降りになり、避暑地に着く前に体がヒエヒエになる。
mochizuki丸子町側に降りると雨は止む。長門町から立科町へ、地図からは確認しにくいごっつい峠がある。ここからは中山道に入り、芦田宿、茂田井宿、望月宿と、所々江戸時代の風情を残した宿場町のアップダウンをクリアして行く。望月町は9年前のGW合宿で買い出しをした際、確か映画館があって「小さな町なのにがんばってるな」と思ったのだが、今日ぐるぐる探してみても映画館は見つからない。記憶違いなのか、潰れちゃったのか。今は望月町ではなくて佐久市に編入されてるし。
八幡宿、塩名田宿、岩村田宿、小田井宿、御代田宿。もう疲れてるのに、ここからさらに登りがキツくなるが、北国街道と合流する追分宿に至る。狩人の「コスモス街道」(あずさ2号の次に売れた曲)に歌われているので感慨深い。「右は越後へ行く北の道 左は木曽まで行く中山道♪」コスモスは咲いていない。

11時過ぎ、ついに軽井沢駅に到着。ここまでコンビニ休憩以外は5時間半走りっぱなし。帰りもそれだけ走らなきゃならないと考えると、大変気が重い。ともかくハヤル気持ちを押さえてまずは碓氷峠へ。駅からすぐだけど。うわぁい群馬県群馬県。霧で何も見えないし、寒い。さすが避暑地軽井沢。
引き返して駅の南側に降りると、巨大アウトレットモールがある。土曜日ということもあるが、大変賑わって繁盛している。これだけでもセクハラ大魔王●さんの力たるや、某国の主席なんかよりも強かったんだなと感心できる。
karuizawaTBレンタサイクルじゃなくて自分のチャリで観光してるのは珍しいかも。旧軽井沢に行くと、歩行者天国のメインストリートはさらに人だかり。見ろ!人がゴ(しつこい)。郵便局にチャリを置いて、ソフトクリームだけ食って無駄に歩き回ってたら、2時間が経過してしまった。ここを観光するのは初めてだったから…。帰りはマジ急がないとやばい。

追分宿から北国街道に折れ、しばらく下り坂が続く。晴れて来たのはいいが、急に暑くなる。小諸懐古園をスルーし、海野宿も通過して、上田から松本街道に入る。最大の関門、青木峠への600mUPがつらい。登り坂ではもはや加速どころか速度の維持もできず、実に弱々しく進む。
最後に名も無き峠を2つ越え、19時前、日没ギリギリに帰宅。はい、もう嫌と言う程走りました。足が参ったと言っております。ちなみに距離は概算177kmで自己新。アップも合計2200mで自己記録大幅更新。明日の事は知らないが、今日は満足感でいっぱいだ。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005