« 3/10-11 プラネタリウムよりも遠い場所 | メイン | 3/24 上高地線を待つ君の横で僕は時計を気にしてる »

3/17-18 Welcome to ようこそ スカイパーク

Dsc_0032気温計が−2℃を指し、高ボッチ高原は雪化粧をしている土曜の朝。ジョギングで信州スカイパークまで急行し、〝春の松本ランニングフェスティバル〟の受付に間に合わせる。2012年の第一回からずっとランナーとして参加していたが、今年はレース数削減と恩返しを兼ねてボランティアの一般公募に志願した。とうとう三千人級の大会に成長し、捌くのは容易ではなさそう。

ようこそスカイパークへ。サービスことゴール後の飲食物配布の一員となり、ランナーの帰りを待ち構えるだけ。だがその物資運搬から人力で慌ただしく筋肉痛確定だし、それを袋詰めしていく作業も「ああああ〜間に合わない!」って感じ。大量に出るダンボールの空き箱はボランティアの動線を埋め尽くさんばかりで、それを畳んでまとめる〝静脈〟作業もてんやわんや。気が付けば豚汁コーナーは長蛇の列で、そちらに加勢したり。シュラバスキーにはたまらない環境である。箸の向きを勘違いしていたなど「あの時ああしておけば良かった」という後悔だらけだが、想像以上に良い経験になった。それぞれの目標をやり遂げたランナー達の表情も印象に残る。

端境期にmgmgタイムしてもうひと頑張りして、気が付けばお昼過ぎ。お弁当を頂いて解散。余り物もたくさんあるようだ。だけどデイパックがちっちゃいからバナナを少ししか持ち帰れないんだよ。ボラ募集ページにあった記念品とは何だったのか、まぁいいや。

さてランナーに行方不明者がいて家族が困っているという話を小耳に挟んだ。念のため、ジョギングがてらスカイパークの走路を一周して男子トイレの個室を全て見回る。異状はなかったが、無事発見されたのだろうか。あとは地図読みの練習をしつつ北にむかう。方向や距離感覚をキャリブレーションしていく作業だが、もうくたくた…。新村駅まででやめにして、松本電鉄で帰る。

/

日曜は筋肉痛のため、午前中は上高地線ロゲイニングの作戦を練る。自由に乗降できる松本電鉄の使い方がカギになるか。どの便に乗ると前半後半どう動けるか。難しいな。

Dsc_0049午後は地図読みの練習ジョギングへ。まだ脚が痛くて引き返そうかと思ったが、ゆっくりなら何とかなる。城山公園の展望台に登ると、朝日村・山形村から湧く土埃が猛烈で、強い南風に流されている。安曇野方面も今日は深入りしない方が良さそうだ。

大糸線の梓橋駅から南に折れて、上高地線の北新駅へ。ここから松本に向かって、どの駅にトイレがあるかないかを調べつつ走る。またトイレ探しか。(梓橋・新村・北新・下新にはあるが、島高松・大庭・信濃荒井・渚・西松本には無い。)

あまり長時間高負荷を掛けるトレーニングは出来なかったが、一応は上位戦線の一角として恥ずかしくない競技をしたい、次の週末。

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005