« 12/29 ハコダテヤマノボレ1229 | メイン | 2019/1/1 あくせくスカイアクセス »

12/30-31 せんもーっ☆

30日。昨日の疲れで体調ギリギリ。ホテルのマクド無料券があるのでマフィンを頂き、少し離れたハセガワストアや土方歳三碑に寄り道しつつJR函館駅へ。朝焼けに函館山が眩しい。ハセストで買った「やきとり弁当(豚肉)」やザンギを食べ、今日も順調にカロリーオーバー。しかしウォーキングはここまで。

Moriあとは青春18きっぷで、ひたすら列車を乗り継ぐだけの旅。函館本線で北へ行こうランララン。今日の経路は全て乗ったことがある路線ばかりだが、季節や時刻が違えば車窓の趣も異なるだろう。しばらくやや混みの単行気動車だが、森駅の跨線橋から望む駒ケ岳が美しいし、運転士のかばんにかばんちゃんのキーホルダーが付いてて和む。長万部駅で時間があるので毎度の長万部温泉ホテル「大衆浴場」で入浴。黄緑がかったように見える高張性の塩泉は、日本一ぽかぽかする。

Yama“山線”に入り、2両編成の気動車は外国人客が多め。さすがにニセコや倶知安あたりは雪が本降り。除雪作業で列車に遅れが生じるが、十数分程度なら想定内。各地で運休が生じてるなか、よく運行してくれたと職員に感謝したい。小樽からは安定の電車運行。滝川〜旭川のみ特急ライラックでワープし、石北本線最終の臨時快速に間に合わせる。単行気動車に客4人…。23時過ぎ、ぐったりと北見駅に到着。以前ちほく高原鉄道に乗りに来た時と同じ、東横インに泊まる。梅昆布茶うめぇ。

/

31日。お楽しみの朝食バイキングは食べ過ぎない程度にし、今日も青春18きっぷの旅。石北本線の車窓に小雪舞い、丘々の向こうに思いを馳せる。ルートや日程を決めず、自由に自転車で走り回ってみたいなあ。網走駅前を少し散歩。標高ゼロでこの寒さはさすが北海道と思う。

Okhotskいよいよ旅の目的、釧網本線に初乗車。単行の快速しれとこ摩周号で東へ向かう。観光客だけでなく生活で乗ってる人達もいるが、この路線はいつまで存続できるだろう。右手に濤沸湖・原生花園、左手には荒れ狂うオホーツクの海。長渕剛の歌を思い出す。この天気では知床連山や斜里岳は見えないが、冬らしい風情と思えば。

Kushiro

線路は南へ曲がり、釧北トンネルを抜けるとアトサヌプリ等の山々。さすが太平洋側は晴れている。網走で買っておいた帆立弁当をここで開ける。そうそうこれくらいが良いんだよ、という味とボリューム。やがて車窓は広大な釧路湿原に蛇行する川。鶴も居るしなかなかの車窓だが、出来ればもうちょっと高台から見渡したい。

根室本線に乗り換え西へ、釧路から池田にかけても初乗車。湿原や海岸など、道東らしい風景が楽しめる。ああ、日高山脈に2018年最後の夕日が沈む。まだ16時前なのに!

Obi帯広駅で下車。帯広と言えば豚丼を食べたいが、大晦日の夕方はどこも早じまい。スーパーの惣菜コーナーにあったわ。駅ビルでクランベリーのシャーベットも買って、今夜のホテルはパコ2。年越しそばが頂けたり、斜向かいにある提携ホテルの温泉「とかちの湯」入浴券が貰えたりと、サプライズなサービスがある。北海道って、凄い。

紅白歌合戦はAqoursだけ観る。今日は一年で一番早く寝る日。幸運に恵まれた年にさよなら。来年もそうでありますように。

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005