« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

10/27 ノクタンといっしょ

Pirata今年もピラータ音楽会の日がやってきた。月に一度のサークル練習日に、ギターを担いでジョギングで登ることが多い美鈴湖畔へ、今日はクルマで行く。昼前から始まり前半は屋外で賑やかなバンド演奏、後半は店内で器楽や声楽がメインとなる。プロ級の方から初心者まで、飛び入りOKの自由さが良い。

Yさんのニキータ・コシュキンに続き、自分のソロはショパンのノクターン(9-2)タレガ編。この難曲を新たに暗譜できるほどもう頭は柔らかくないのだが、23年前に一度演奏したものをある程度、指が覚えていてくれた。技術的には自分でできることの醜態…集大成。本番となると緊張などでデバフが掛かり、どうしても下手の横好き感が丸出しになる。弾く側も聴く側も一度きり、つまり一期一会であることを意識しつつ、何とか終えた。

Trioギターサークルと言っても現状3人。アンサンブルはトリオで佐藤弘和の「光の街」。タイトル通り明るい曲で、開放弦を大胆に使う。佐藤弘和と聞いても知らなかったが、「四大元素」の音源は聴いたことがあったかも知れない。最後にギターデュオ+Gさんのカホンでいわゆるコーヒールンバ。これも学生時代に弾いたことがあるが、パートを変更したので実質初演。サイクルカフェの雰囲気に合う、楽しい演奏になった。これが音楽だ。

特別メニューの牛丼と、いつものコーヒーを頂く。同時開催のガラクタ市で自転車パーツを確保しつつ帰宅。来年も参加したい。できるだろうか。

ジョギングトレーニングは土曜に田溝池ハイペース、日曜に薄川スローペースで合計30kmほど。5時間ロゲイニングで戦うにはスタミナ練習が不足しているが、まだ慌てる時期じゃない。って2週間後じゃん。

10/5-7 長野の中信でランを支えたくだもの

土曜、新しいシューズ(アディゼロ匠練3)のシェイクダウンを兼ねて松本マラソンスタート会場の総合体育館まで軽く走る。前日受付とかエキスポとか無いのでまったりとした雰囲気。仮設トイレ群に謎動線が作られているが、これ機能するのか?

Saxギターの弦を買う用事があってチャリで街へ下りる。松本マラソン垂れ幕を見ておこうと駅前に行くと、チェッカーズのメドレーが聴こえてくる。サックスアンサンブルの演奏だ。Song for U.S.A.を吹かれたらその場に泣き崩れてしまいそうだが、別の曲で安心? 最後まで聴いてから帰宅。

先月のジョギング量は215km、これでも例年より多い。食事コントロールとか特にせず、陣馬形山ヒルクライムやコモロケを捨てて集中しているという建前のマラソン本番を迎える。

/

Start日曜朝、7時半になってもまだ自宅でまったりしてたり。小走りで会場に向かい、ランナーとして参加のM島さんに偶然会えたのは幸い。荷物預けは制限1分前。トイレの動線はやはり機能してなかった。更衣室2階のトイレ空いてるよ…。Aブロックの後方でスタート時刻を待っていると、雨が降ってきて寒い。8時半に号砲、37秒でラインを跨ぐ。沿道で会社の先輩がボランティアをしてる。1km地点でイッチロー'っていう芸人がパフォーマンスしているのは笑えるが、ラップ欠測したがな。

今年が第3回となる大会。定員一万人に対し募集は難航し、八千人程度のエントリー。やはり計画段階で運営委員会が言ってた通り定員五千人にして、様子を見て年々増やしていくべきだった。地元政治家が「長野と同じ一万人規模にしろ」と言ったのではないかと憶測している。序盤から道が狭く、後方ブロックはかなりのストレスになってしまうだろう。下り坂なのでAブロック走者ならペースを組み易いのは利点だが。

松本城前を過ぎ、沿道の応援が多い中心街。いつもはマイカー気違いで大渋滞している道路を、今日はマラソン気違いが埋め尽くしている、この気分の良さ。南へ向かい、しばらくはゆる~い登りとなる。北風が背中を押してくれるので、思ったより楽。一昨年は後半で大撃沈したので慎重に走るが、まだ不安でいっぱい。田川高校前のブラスバンド、まさかの津軽海峡・冬景色。折り返して向かい風区間は少し速い人に食らいついて楽をする。曲の演奏はYMCAに変わっていた。思わずYMCAしながら通り過ぎる。

塩尻エイドでは黄華という品種の、皮ごと食べられるぶどうが旨い。エナジージェルとか持参してないので、給食が命綱となる。国道19号・篠ノ井線・奈良井川を西に渡り、中間地点で1:37'31"。3:15'ペースランナーと愉快な仲間たちはまだ2分くらい先を走っている。エイドでミニまんじゅうを4つ食い、空港東の激坂をハイピッチ走法で攻略。消防ラッパに両手を振り上げつつ信州スカイパークの園路に入る。エイドのりんごがまた旨い。デシコって人のライブにも元気を貰う。

フィニッシュ会場を右に見てまだ27km地点なので精神的に辛いという意見が多いらしいが、なに甘ったれたこと言ってんだフルマラソンなんだから42km走って当たり前だろと思う。スライド区間が多ければ交通規制を低減できるし、ランナーとしても大勢とすれ違えるメリットがある。(中心市街地をゴールにしろだのという意見もあるが、長時間の交通規制が運営にとってどれだけ胃に穴が開くような仕事なのか、考えて欲しい。)

後半撃沈の不安をよそに、今日の脚はむしろぐんぐん加速を始めた。絶対無理と諦めかけていた3:15'ペースランナーと(略)に、33km地点でついに追いつく。空はすっかり晴れて、集団内だと暑いので追い越してしまえ。

Lastしかしいつもの通勤ルートなのに「こんなに長かったっけ」と思ってしまう、ゆるい登りが体力ゲージを一気にすり減らす。知人の応援にサムズアップを返すが、とうとうキロ5分をオーバー。3:15'ペースランナーに追い付かれる。愉快な仲間たちは殆ど振り落とされてるが、まだ数人がしぶとく付けている。向かい風区間なので1kmだけ乗せて貰う。おかげでゴールの見通しが立った。

ペース配分は悪くなかったが、後半の加速をもうちょっと後にすれば良かったかな。力を使い果たしてラスト2kmはもがくように、フィニッシュ。タイム的にもスリリングで楽しかった。アプリで確認すると記録3時間14分46秒で、ネットは3:14'09"。惜しくもネガティブスプリットならずだが、ほぼイーブンペース。そりゃサブスリー云々の春マラソン(長野)に比べると情けない数字だが、今の実力は十二分に出せたと思う。全出走7134名中262位なら、Aブロックランナーの面目も保ったのでは。

Track消耗が激しくて、そばのふるまいを喉に通すのはちょっと苦しかった。でもりんごのシャーベットジュースを頂いて、一気に食欲回復。これ、松本マラソンのやべーやつな。出店でチーズハッドグなるものを初めて食い、もう大丈夫。写真を撮り回っていると競技場から茅原実里の曲が聴こえる。あっちのダンスパフォーマンスも見に行こう。

充分に休み、フィニッシュ会場をリーブ。市街地の大外を回るシャトルバスで、すやぴー。祭りのあとという雰囲気のスタート会場に戻る。近くのジェラート屋さんが移転してしまったので、コンビニでアイスを買って帰る。

Medal去年は台風の影響でJR東日本が史上初の計画運休を発表し、準備を進めていたものの万事休す、中止を余儀なくした。その時のエントリー者は、今年フィニッシュすれば二年分の完走メダルが貰える。この二つがぴたっカチッと嵌合するデザインで、凄く感心する。事情を理解しない人からさんざん悪評された去年の無念を晴らす、物語性を感じずにいられない。スタート前後のストレスを除けば運営もコースも水準以上だと思うし、もっと評価されて良いだろこの大会。

/

月曜は有休を取ってでっかいジャスコの串家物語で暴食するパターン。あとは引き篭もってパソコンに向かい、去年10月の第1回伊豆スカイライン国際ヒルクライムの参戦記をアップ。今年も参加を考えていたほど楽しい自転車レースだったが、土曜開催への変更と、コースボリュームのわりに料金が高いせいか人が集まらず中止になってしまった。諸行無常というにも早過ぎる。

次戦は来月の知多半島ロゲイニング。上位を目指すのに今回の松本マラソンの結果は・・・ぎりぎりってとこか。明日から頑張ろう。そして、次のフルマラソンはついに長野から離れて霞ヶ浦か? 自転車のツールド八ヶ岳も気になり、迷い中。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005