« 1/7 敦・賀・フランス | メイン | 1/10 近視用語 »

1/8 氷見ア・ぶれいく

昨夜遅くに高岡駅から4km小走りし、健康ランド「アラピア」に泊まった。仮眠ベッド付きで割引併用1490円なら安いだろう。翌朝始発に間に合わせなきゃ、という緊張感があってあまり寝付けなかったけど。
悪ノリじゃないかってほど濃い薬湯を印象に残し、近くの二塚駅から18きっぷ最終回の旅を開始する。城端線をピストンするがまだ車窓は暗い。

雨晴海岸 続けて氷見線に乗り換え。この二路線はキハ47なのでなかなか快適だ。藤子不二雄の故郷らしくハットリ君ラッピング列車だったりもする。朝日を浴びて輝く雨晴海岸が見事で、氷見の街もゆっくり観て行きたくなるが缶コーヒーを買っただけでピストンする。
越中中川で降り、雪景色の高岡城跡にある越中国一宮のひとつ射水神社をお参り。さらに高岡大仏も。日本三大仏であると売り込んでいるが、そんなに巨大でもない。有り難く手を合わせ、旅の安全を祈る。

ずっと高岡早紀の歌が脳内を流れている。路面電車の万葉線に乗ると、週末限定で沿線出身の立川志の輔による案内放送が聞けて面白い。終点の越ノ潟まで運賃は350円。そこから富山新港の東へ連絡するミニ渡船は無料で利用できる。馬鹿デカい橋を建設中なので、船は消える運命のようだ。

堀岡側に着くが、富山駅方面へ続く鉄道は廃線済みでサイクリングロードと化している。仕方がない、ジョギングで走ろう。寒さが悩ましい旅だが、ここではすぐに暑くなる。前方には晴れた剱岳や立山など北アルプスの山々が見え隠れするし、地中には石油のパイプラインが埋まっている。デンデケデケデケ、ズンチャズンチャズンチャズンチャ。15.5km走破し富山駅前に到着。駅ビルで良いからチャーシューメン食わせて。

ウトウトしつつ列車で南下し、猪谷~高山間を乗れば高山線も制覇完了。車窓にはいつもとは反対側から見る乗鞍岳が夕日に照らされている。ここから松本までバスを使えば楽だが、貧乏性なので大きく南に回り、太多線・中央西線経由で帰る。

これで北陸三県のJRは、昔乗った小浜線などと合わせて完乗したと思う。そんな事より自転車やジョギングで走っておく、あるいは長めに歩いておくと「その土地を旅した」って感覚が全然違うよ。

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005