« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

12/28分 ぷらぷらブログねた探りあん

Enshu年末の休みが始まり、さっそく青春18きっぷで南へ向かう。中央西線から東海道線に乗り換え、静岡県の浜松に到着。これまで観たアニメの中で最高の感動作だったplanetarian(プラネタリアン)の聖地巡礼に来た。劇中では「封印都市」と云われる絶滅廃墟だが、今のところ人口80万を擁する平和な街。とりあえず高い所に登ろう、という訳でハーモニカを模したという超高層ビルのアクトタワー、45階の展望回廊へ。遠州灘や富士山も望み、もう眼が焼けてしまいそうな良い天気だ。

浜松科学館でプラネタリウム「ときめきら」も観る。美しい無窮のきらめきで、秋から冬の星座を学ぶ。後半はオリジナル番組で星雲の生解説だが、過度の寝不足がたたり、つい目が閉じてしまう。それもまた最高の贅沢かな。

Hanabishi自転車より歩いた方が楽な気がして、せっかく輪行で持って来たチャリは駐輪場に置いたままにする。ファンにとって思い入れの強い松菱(花菱)百貨店跡、有楽街と巡礼を進める。作品とは関係ないが徳川家康の本拠地だった浜松城も登閣。日が暮れてゆく。若干の不況風を感じる街に戻り、夕食は…うなぎは日本人が絶滅させたはず。浜松餃子にしよう。有名店が大行列なのでおこぼれ的に「たんと」で21個。この円形にずらっと並んだやつ(ご縁焼)を注文したかったの! 今日は食べ過ぎだよう。

Tanto耐寒キャンプをするズクは無くビジホ泊まり。5千円に満たないが大贅沢。

12/17-18 銀河ジョギングロードの夜

Piratacat土曜は月に一度の、ギターを背負っての美鈴湖行きジョギング。激坂の工事状況が分からないので、北回りの人肉坂で登る。脚力が衰えすぎてて、終盤に相当な重さを感じつつピラータ着。常連のHさんTさんが居る。私より遥かに強靭な体力精神力をもつTさんと、ロゲイニングでチームを組もうという話が持ち上がった。来年7月の第1回日本選手権は初代日本一を賭けた戦い。それを賑やかすことが出来るのか、今後の行動次第だ。

問題は4月以来続く足の怪我。筋トレの効果だろうか今日はそんなに調子が悪くないし、下山もジョギングにする。帰る頃にはもう暗いが、最近の傾向として昼より夜が好きになった。ヘッドライトを消して、さらに北回りの三才山本村ルートで下山する。排ガスまみれの自宅付近に比べれば空気がキレイで、桁違いに星が見える。しかし松本の強烈な街明かりがここまで届いており、漆黒の空には程遠い。はくちょう座からカシオペア座にかけて天の川が見えるような、見えないような…。こぐま座の形が分かるだけでもめっけもん。星めぐりの歌を口ずさみながら、街に飲まれていく。

中距離ジョギングでもこうも稀だとダメージが大きく、生活の乱れと相まって日曜は午後3時起床、万事休す。生きてるのか死んでるのか。

12/3-4 真田幸村ゆかりのいたずら赤ぞなえ

Subaru土曜朝、眠っているうちに高速バスが名古屋着。そこから近鉄線の急行を乗り継ぎ、電子書籍版「銀河鉄道の夜」を読んでいるうち大阪古市に至る。通常、大阪南部に用があるなら最安手段と思われる。一年ぶりに親戚宅を訪れ、広島土産を置けば用事は完了。ついでにジョギングで南を目指す。姉と二人の姪も自転車で付いてきて、一緒に富田林すばるホールのプラネタリウムへ。夕方の回は大型映像「銀河鉄道の夜」のリバイバル上映で、長めバージョン(星めぐりの歌付き)なので投影機による星空解説はない。しかしドームスクリーンで再現された宮沢賢治の世界は、さすが伝説のプラネタリウム番組と云われるだけある。本当に理想の鉄道旅行をしているみたい。観客はウチらだけだったが、機会ある人には是非観て欲しい作品だ。

Domyo「近鉄電車で行く真田幸村・大坂の陣」というパンフを拾ったので、日曜はそれを参考に歩き回ることにした。まず親戚宅から北を目指し、夏の陣激戦地の誉田八幡宮〜道明寺・道明寺天満宮へ。駅に「大河ドラマに登場必至!」なんてノボリが立ってるけど、ナレーションで終わらなければ良いが…。さらに石川を渡り、柏原の玉手山公園(小松山)へ。ここでは後藤又兵衛がヒーローだ。観光客の姿はほとんど見当たらないが、ドラマでの活躍次第でどっと増えるかも知れない。また北信濃・柏原出身の小林一茶ゆかりの地でもある。河内国分に着く頃にはもう昼。自転車があれば楽だったろう。

Sanada近鉄線で赤備えな上本町に移動し、また歩き。スケートリンクの楽しそうな真田山公園〜真田丸顕彰碑・三光神社へ。さすがに今が旬で、来訪者が多い。真田ロード商店街も面白い。あいにくの雨が降り出すなか、玉造から地下鉄で恵美須町へ。新世界紀行をして串かつ(二度づけしない)を食べたらタイムリミット。また地下鉄に乗って梅田へ急ぎ、高速バスに飛び乗る。松本直通は便利なようで、この世で渋滞の一構成員をなすことほど陳腐なことはない。銀河鉄道でサウザンクロスに連れてって。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005