« 2019年5月 | メイン | 2019年7月 »

6/28-30 雨音は登坂の調べ

Orpheus松本市教育文化センターのプラネタリウムはリニューアルしてからだろうか、金曜の夜も投影がある。光学式投影機による丁寧な星空解説のあと、プロジェクタによる「コズミックコリジョンズ」の上映。これが今月限りなので、駆け込みで来たのだ。2003年の古い作品ながら緻密かつ迫力満点。最後に再び光学式投影機で補足解説してくれる。これで510円なら映画より断然良いと思うのだが、場所が辺鄙すぎて客は他に2名のみ。

/

土曜、ツールド美ヶ原の前日受付がてら、ジョギングで軽く近所を一周。会場では大会裏方、ではなく今回選手として出るMさんや、乗鞍仲間のIさんMさんKさんらにエンカウント。ブース出店でマラソン大会で使えそうなバックポケット付きTシャツ等を買っておく。

/

Start日曜は朝から雨。梅雨らしい梅雨は松本では珍しいのだが、それにしても土砂降り。距離4.7km、標高差400mの第1チェックポイント美鈴湖がゴールになると発表された。雨天中止は11年前にあるが、コース短縮での開催は初めてだろう。荷物預けをしてから軒下でじっとしていられず、ついうろうろして身体を冷やす。4年前の乗鞍と同じ失敗をしてしまった。会えたのはMさんと、乗鞍仲間のHさんだけで、他の方はDNSという。全体でもざっと出走率は50%くらいだろう。考え方は人それぞれ。私の考えを言えば、悪条件でも楽しみ経験値を積む、という貴重な機会を損失する訳にはいかない。

Sスタート時刻が各クラス7分遅れというのを聞かずにスタンバイしたものだから、もう歯がガチガチ言うほど体温が奪われている。断続的に強い雨が降るなかようやくスタート。応援賑やかな温泉街を抜け、名物の激坂へ。誰も転んでないじゃん。さらにキツめの坂が続くのだが、ちっともギア比を上げられない。二車線の平坦路に出て例年ぶっ飛ばす所も、もう集団下山が開始されてて一車線しか使えず勝手が悪い。油断するとセンターライン係を轢いてしまいそうだ(実際事故があったらしい)。

Misuzu結果、例年のCP通過タイムより1分も遅い20分28秒でフィニッシュ。この調子でやれるだけのことはやったし、何より開催されただけ有り難い。天候は回復してきたが、強風は相変わらず。あれっ、後輪のハブクイックが緩んでブレーキとホイールが接触してやがる。どの時点からだったのか、タイムに影響したかも知れないがまぁいいや。ゴール係のKさんと話したり、カフェピラータ前でうだうだしてるうちに下山がだいぶ遅れたが、浅間温泉に着いてもまだ10時前という。振る舞いの豚汁や出店の佐世保バーガーを食って、一旦帰宅しシャワーを浴びる。

Stadiumもうメットを被るのも面倒くさくて、グランフォンドKOMOROの痛いTシャツを来て、ジョギングで再び会場へ。すっかり晴れて蒸し暑いなか1時間早めての表彰式を観て、抽選会は何も当たらず。次の大会は鉢盛山登山マラソンだなーと思いつつ田溝池へ遠回りして帰る途中、またMさんにエンカウント。鉢盛山では世話になります。

去年はすっぽかしてしまったが、やはり私にとってツールド美ヶ原は年間最大のイベント。つまりこれで燃え尽きることになるが、ちょっと悔しさが残って、バネになるかも知れない。

6/22-23 夏至日の贅肉祭

土曜は午前中に安曇野を軽くジョギング。この「軽くジョギング」ってのが、新たな発見をもたらすことが多い。それぞれ書くほどでもない些細なことだけど「どぶ田堰」とか「けらっぽ堰」とか、ググっても由来が分からん。探せばもっと色々ありそうだ。

3rd午後、松本市教育文化センターのプラネタリウムへ。地元フルート奏者の桂聰子さんによる無料の星空ステージが行われるとのことで、開演20分前で整理券番号66/90、立ち客も出るほど盛況となった。ぐずる子供が数名いるが「最初はウォーミングアップ」と奏者も割り切っているだろう。第1部はヴェニスの謝肉祭で締め、第2部は通常の星空解説でアンタレスの由来など。第3部は最新の投影機を演出に使い、宵待草で締める。ドームシアターは音響が悪いと云うが、それはさほど気にならなかった。最後までぐずり続けるのが一人いて、気にならないと言えば嘘になる。有料で(客層を絞って)やって欲しいが、それだと集客にコストが掛かって難しいかも知れない。いずれにせよ次の星空ステージ企画が待ち遠しい。

/

Hakama日曜は昼前に自転車でツールド美ヶ原コースを登る。最近食い過ぎてるせいか絶不調で、月初のタイムアタックに比べどんどん遅くなるありさま。土砂降りの予報があり、雲行きが怪しくなってきたので袴腰スキー場跡で止めてしまう。丁度レンゲツツジの花が見頃だ。路面のガタガタは補修工事がなされており、若干マシになった。ピラータで食事して、結局雨はあまり降らず、裏浅間峠だけ追加で登ってから帰宅。もう次の日曜はレース本番だ。

6/8-9 三笠の山に出でし霧かも

土曜の外出は芥子坊主山にジョギング程度。距離は無いが、300m近い標高差があり効率が良い。今月はどうしても自転車ばかりとなるが、あまりラン走力を落とさず来月以降に繋げたい。なぜなら8月頭の鉢盛山登山マラソンで、もうちょいマシな結果が欲しいから。

という訳でむらよしギムナシオンに去年の鉢盛山登山マラソン参戦記(詳細版)をアップ。なんとか今年の申込締切に間に合った?

/

日曜はクルマで王滝村へ。年に一度の長距離ドライブ、と言っても2時間弱で着く。御嶽山二合目過ぎの駐車場からチャリで、スピリチュアルロードのヒルクライムスタート。タイムは計らないし序盤はゆっくりだが、中盤からはそれなりに追い込む。人車一体が楽しいのだ。終盤は霧で景色がなくなり、1時間半で田の原に到着。

せっかくだから残雪の参道を少し歩き、標高2256mの三笠山神社に登頂する。霧と木々に囲まれまさしく幽玄。水たまりに見えるのは小さな火口湖とのこと。チャリで下山途中、八海山神社にも寄る。ここは目の神様とのことで、湧き水も美味しい。もうひとつ十二大権現もお参り。さるぼこ人形を1つ持ち帰り子宝が出来たら人形12ヶを作り奉納するシステム。いざとなったらすがってみよう。三社とも、前回までスルーしてたのが勿体無い趣があった。

Mikasa

Hakkai

Juuni


駐車場に戻り、ひめやのほうば巻を購入。もうこれが楽しみで楽しみで、梅雨の季節に絶対外せない味覚となった。アップルパイも一つ買い、先に頂く。サクサクジューシー。周辺には霊神碑が無数に並び、散策して時間をつぶす。昼食は木犀舎で、ここのピザとコーヒーも毎年の楽しみ。下山で冷え切った身体がやっと暖まった。もう一つの選択肢だった王滝食堂が閉店したのは悔やまれる。

Houba今日はSDA王滝っていうMTBの大会があって様子を見に行こうかとも思ったが、雨が降りだしたし断念。クルマで松本に無事帰る。ほうば巻がどんどんなくなる。

6/2 荒れてるど美ヶ原

Uyariho土曜深夜まで引き篭もって動画編集をしていた影響も少なく、日曜そこそこ元気。一年以上ぶりにツールド美ヶ原のコースを自転車でタイムアタックする。薄曇りで涼しいが、やはりこのコースは腰に来る。どうにか目標の1時間30分をギリギリ切ったが、脚力も集中力も課題は多い。同量同質のトレーニングでは年々衰えるぞ。

スカイラインの景観は相変わらず別天地めいて最高なのだが、道は下り側が特に荒れている。レースの集団下山時は前走者と十二分な間隔を空けて、自分で路面状況を注意深く把握しないと吹っ飛んでしまうだろう。今日もオートバイの方が事故に遭われたみたいで、彼を乗せた救急車に付いて下山する形になった。途中の美鈴湖畔ピラータで昼食とし、冷え切った身体を温める。さらに、完成した動画をネット公開前に披露させて頂いた。

という訳で先週末の中央アルプスヒルクライムを、宮田高原ステージと駒ヶ根高原ステージをまとめた5倍速ダイジェストとしてニコニコ動画に紹介。ニコ動向けだしどうしても痛さ重点になる。BGMに使用した宮田村イメージソングは、会場のスピーカーからICレコーダーで録音したもの。ゆえに咳き込む声とか入ってる。ノーカットの垂れ流しはYouTubeに置いたが、パソコンが容量不足だし需要もなさそうなのでこれも5倍速のみとした。また少しでもイベントに興味を持って下さる方がいると、嬉しい。

→YouTube: 中央アルプス・ヒルクライム2019宮田高原ステージ(5倍速編)
→YouTube: 中央アルプス・ヒルクライム2019駒ヶ根高原ステージ(5倍速編)
→ニコニコ動画: 中央アルプスヒルクライム2019△宮田&駒ヶ根△5倍速ダイジェスト

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005