« 8/15分 三国の四方を走るべし | メイン | 8/17分 津軽海峡線夏景色 »

8/16分 北海道で見る夕日は これが最後ねと

Ganbou 風の強い早朝。公園裏手の長い階段を登ると、遠軽の象徴である瞰望岩の頂に立つ。まだほとんど眠っている町を一望でき、石北本線のスイッチバック線形もよく分かる。かつては北に続いていた名寄本線に思いを馳せ、下山して出発。サイクリング最終日も、消失点まで続く一直線の道を走る。

Yuubetsu 1時間もすれば湧別の町を抜けて、ついには港に突き当たる。少し東にシフトして浜に出れば、そこは一面のオホーツク海。旅の予備日としての蛇足ではあるが、これも見たかったんだ。頭の中に長渕剛の『オホーツクの海』が静かに流れる。あるいは斉藤清六が「オホーツクオホーツク♪」と歌う一正蒲鉾のCMソングとか。テトラポッドに登って、カムチャツカのてっぺん先を睨んだり、気まぐれな恋人の夢を見たり。右手はサロマ湖の砂嘴が緑色に続くが、知床連山までは見えないか。左手は目を閉じれば樺太が見えるし、海に背を向けて両手を広げれば「こっからこっちが北海道〜」…と言うにはそうとう大きく広げる必要がある。

あとは帰るだけ、って時に本降りになる。雨中走行こそランドナーの真骨頂と言えど、あんまりずぶ濡れのまま輪行するのはブルーだなぁ。と思ったら遠軽まで戻ると止んでくれた。本日走行50km、ここの駅にてサイクリング終了。若干チャリを乾かしてから輪行し、キオスクで土産を買って10:18発の特別快速『きたみ』に間に合わせる。これを逃すと、以降間に合う列車は特急しかなくなるため、昨日急遽無理して距離を稼いだんだ。北海道&東日本パスによる帰路が始まる。

ぽっかりと時間的余裕が出来たので、どこか乗ったことのない路線を使ってみよう。時刻表とにらめっこした結果、旭川から富良野線に乗ることにした。やがて美瑛駅に到着し、乗り継ぎの列車までまた時間がある。自転車を畳んでしまっても、私にはジョギングという脚がある。裏手の丘を駆け登って行くと『ケン&メリーの木』が立ち、美瑛らしい丘々の景色にマッチする。続いて北西の丘展望公園も寄り、天気は今ひとつだが駅に戻るまで気持ち良く駆け抜けた。

Ishikari 富良野駅周辺も少しぶらぶらして、根室本線で滝川へ。あとは普通に函館本線で札幌へ向かう。遥か西の空が晴れていて、神々しい夕焼けになっている。私はこの車窓をずっと覚えているだろうか。

暗くなって苗穂で途中下車。駅前に蔵の湯という銭湯があり、食事セットが安いのでここで夕食にソースカツ丼を食う。風呂で昨日今日の汗も流した。札幌駅に移動し、急行はまなすを待つ。帰りは大枚はたいてB寝台を取った。旅情はまさにブルートレインそのもので、殺人事件とか起きたらどうしましょう、キャー!

22:00発。さぁ北海道はまだまだ長いよ。

コメント

コメントを投稿

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005