« 2015年6月 | メイン | 2015年8月 »

7/25-26 映画応報

Ireirope土曜の朝、うーさーでも観ながら食事をしていたら二度寝したくなり、次に気が付いたらもう午後。慌てて炎天下の激坂を自転車で駆け登る。一応タイムを計るが奮わず、慰霊塔までで終了。こんな日は無理すまい。美鈴湖に下りてカフェピラータでゆっくりする。最近ここに来てもなかなかサイクル野郎を読み進められなかったが、今日ようやく30巻まで…四国編が続く。んで普段自宅では観られないBS放送のツール・ド・フランス録画も楽しいし、ランスマは飛騨高山ウルトラマラソン特集。いつか、ウルトラにも復帰したいと思いつつ。

日曜は薄川沿いの信州家で蕎麦を食べてからシネマライツで映画「バケモノの子」を観る。バトルシーンの音響が良いアクセントになり、何でもありっぷりがどんどん畳み掛けてくる。連れと「これはもう一回観よう」という話になった。めぐろでとんかつを食べ、コメダでゆっくりして。あれ、身体を動かしていない。今日は心を動かしたからいいや。

7/19-20 夕涼み 扉温泉 扉閉じ

日曜の夕方、やっと外出する気になってチャリで山辺の谷に向かう。桜清水坂をアタックするようなズクもなくぶらぶらしていると、中村・千手(せんぞ)と三反田・上手町(わでまち)の間を横切る北沢渓谷に農道の橋が掛かっているのを発見。自然保護団体とモメてたらしいが、いつの間に完成していたんだな。こんな所を通るのは酔狂な自転車乗りくらいだろう。

Tobirastoneさらに東の扉温泉街をぐるっと。街と言っても入浴施設と高そうな旅館が一軒ずつの他は、何か骨が転がってる廃旅館が一軒あるだけ。扉峠へ通じる県道67号は長らく通行止で、街の近くでも写真のようなありさま。18年前初めて美ヶ原に登った時にも使った道だが、酔狂な自転車乗り以外に需要はなさそうだし、もうこのまま廃道になるかも知れないね。諸行無常。

一応風呂の支度をして来たのだが、「桧の湯」受付終了の18時30分をわずかに過ぎてしまいアウト。帰る。

月曜も休日だが、夜になってやっとジョギングに出るだけ。山の向こうが稲光でピカピカぴかりん、夏だなぁ。水路にはホタルの生き残りが一匹。浅間温泉で飲泉して帰る8.2km。

という訳で3週間前のツールド美ヶ原動画がやっと完成。ニコニコ動画に5倍速編を、その補完としてユーチューブに等倍速をアップロード。相変わらずニコ動の100MB制限が厳しく、晴天レースは映像のコントラストが強いため容量オーバーしがち。少し暗めに補正して圧縮効率を稼ぎ、無理やり収めた。音声解説は付け焼き刃的なニンジャスレイヤー用語を乱用。Final Cut Pro Xの使い方を少しずつ覚えながら、今のところiMovie時代と大差ない仕上がりである。

→ニコニコ動画:ツールド美ヶ原2015(5倍速)
→ユーチューブ:ツールド美ヶ原2015(等倍速)

7/11-12 ツールド美原

–––ここからテツな話–––

先日の水曜がお盆休みの一ヶ月前だったので、有休を取ってJR切符の「10時打ち」をしに行った。狙うは、青森から北海道に向かう急行「はまなす」の寝台券下段。8/8は多くの会社が同様にお盆休みに入る上、まもなく青函トンネルを通る夜行は全廃されるという噂なので、一瞬で売り切れることが予想される。松本駅3箇所の窓口は常に忙しそうで10時きっかりは難しく、3分前に自分の番が来てしまった。たまたま今週末に大阪行きの用事があるので、先にそっちを発券してもらい時間を稼ぐ。そしてはまなす10時打ちの旨を伝え「今です!」(軽く頭を下げる程度)、ッターン!

TicketsJR最期の定期急行、最期の定期客車列車、最期の青い寝台車…貴重な体験が確定する。合わせて、未乗だった東北新幹線盛岡〜新青森間の特急券乗車券、それ以外の区間用に北海道&東日本パスも発券してもらう。パスは急行の寝台利用時でも乗車券として使える筈だが、窓口員とその認識が食い違ってややこしかった。片道で考えればフツーに新幹線と昼行特急を使ったほうが安いし早いが、鉄道を手段ではなく目的として楽しむならアリかと。それに北&東パスは旅の道中や帰路にも使える。

–––テツな話ここまで–––

Miharaというわけで迎えた週末、特急&新幹線というゴージャス街道で大阪の親戚宅へ。土産として梅田で姪(姉)にスマホ用CDリッピングマシーンを、心斎橋で姪(妹)にアンプ内蔵エレキギターを買って持ってく。散財が危険水準をオーバーしてるが、投資の心意気で…。そうこうしてるうちに夕方になってしまったので、予定していた二上山付近の冒険はやめた。ジョギングで古市から道の駅羽曳野〜堺の美原ジャンクションを周る15km余。美原って地名は流川もとい流山市にもあったが、こっちの方がクルマ多いな。それにしても大阪は蒸し暑すぎて汗が止まらない。よくこんなところに人が大勢住むものだと思う。そして皆がクーラーを点けるから余計暑くなるイメージ。まぁ冬は松本の方がクレイジーだがな。

日曜は近鉄電車の急行で名古屋、高速バスで松本に帰るオケラ街道。

7/4-5 ああ霧鐘

土曜日。ツールド美ヶ原が終わった今頃になって、今年初めて桜清水坂タイムアタックを行う。ギア28-28Tをモッテスレバこのロング激坂なぞ楽勝…な筈はなく、やはり呼吸を限界まで使う。結果34'14"と、ちょっと力不足か。

Misttower三城牧場からよもぎこば林道で扉峠へ。さらにビーナスラインで美ヶ原の山本小屋まで登る。車両乗入れ禁止の台上はすっぽり雲の中で、牛さんたちも困ってる? 自転車を霧鐘の鳴る方向に押して行くと美しの塔がある。広大な台地は見えないけれど、これも美ヶ原を象徴する風景。

王ヶ頭を越えて自然センターまで歩けばやっと自転車に乗れる。一部落石が気になる美ヶ原スカイラインを急降下して、美鈴湖畔に完成したばかりの自転車競技場をチラ見して、サイクルカフェピラータに駆け込む。

遅れた遅れた、ギターサークルの基礎練習がもう始まっている。しかし身体も手指もドン冷えで、ギターどころじゃない。しばらくストーブに当たってから、終盤だけ貸しギターを借りて参加。「サイクル野郎を全巻読み終えて、店に行く建前がなくなってから参加を検討する」という腹だったのに、こういう成り行きだ。そのうち発表会をやるらしい。

雨が降り出したので慌てて下山。日曜日は5週間ぶりにクルマを動かした他は引き篭もる。夏休み計画の詳細を練っているところ。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005