4/29-30 この木なんの木アルビノの木

Hakuba土曜、自転車で北へ向かう。追い風たすかる〜。木崎湖畔の縁川商店ことYショップニシでまたおやきを買い食いし、さらに北へ佐野坂峠を越える。白馬連峰の残雪がまだ凄い。ちょっと遠回りだが大出吊橋を経由して、国道406号を東へ。雨降宮(あめふりのみや)嶺方諏訪神社をお参りした所で本当に雨が降ってきたが、まだぽつぽつ。

ランドナーの聖地とも云われる嶺方峠の絶景を抜け、鬼無里村(現長野市)に入る。いろは堂という垢抜けた感じのおやき屋さんがあって、店内で食べてみるとこれが絶品。ワイルドな生坂おやきと対照的な上品さで、これはこれでファンになってしまった。

Irohaさらに天候が怪しくなり、長野市街地に入って土砂降りに。私を叩くこの雨にも、何か意味があるのでしょう。どうにか権堂アーケードにある国内最古級の映画館、相生座に行き着く。あの毛無峠・小串鉱山でロケを行ったという「アルビノの木」がようやく長野県内でも封切りとなり、その初日なのだ。メインロケ地だった須坂市からの客が多いと思われ、72席という狭いスクリーンながら午前の回は満席、そしてこの午後回も半分くらい埋まった。松本でも5/3のみ上映されるが、その日は別用があるので長野へチャリで来た。

低予算映画らしく、演技にしろ展開にしろ突っ込みどころが多い。そのテの作品が好きな人にはたまらないだろう。だが大自然の雄大さをこれでもかと詰め込んだ映像の美しさは、期待を遥かに上回った。個人的には小串鉱山が必要以上に「命を飲み込む死の谷」に見えてしまうというバイアスがあって困る。それでも観に来て良かった。終了後には初日舞台挨拶で監督と主演が登場。是非写真を撮ってSNSにがんがん上げろと言う。質問コーナーでは昔小串鉱山に住んでいたという方からも声が飛んでいた。

長野駅の明治亭でソースかつ丼を食べ、マラソン時に買った特急回数券が余っているのでしなの号で松本へ帰る。

/

日曜は天気良好なれど、自室にカンヅメ。夕方にようやく、近くの芥子坊主山へジョギングに出る。もう走り方を忘れているな。

という訳で去年ゴールデンウィークの自転車キャンプツーリング記「じっくり佐渡」をアップロード。今年のGWは別のことに使う予定。

1/14-15 すずと生きるエントリー

先日、仕事帰りに丁度良い上映時間かつメンズデーだったのでアニメ映画「この世界の片隅に」を観てきた。タイトルにちなんで片隅の席を取ったが、そのことを忘れて眠くもならず引き込まれた。大泣きするつもりだったのに自分の涙腺を刺激するものでなかったのは意外だが、それを肩透かしとは感じない充実した2時間だった。子供の頃って広島や東京の空襲、沖縄戦等を扱った作品をさんざん見てたような気がするし、それが価値観のベースの一団になっている(ご飯粒ひとつたりとも食い残しするべからず、サイレン音コワイ、とか)。なるほど、もっと多くの人に観てもらえたらいいと思う佳作だった。

「この世界の片隅に」が過去に実際起こりえた物語なら「プラネタリアン」は未来に実際起こりうる物語であり、共にヒロインは穏やかな平和の象徴として存在する。そして小野D

Icesskという訳でブログを本来のトレーニング帳に戻す。と言っても相変わらず平日はサボっていて、土曜に美ヶ原温泉〜浅間飲泉〜洞信号の15km弱、日曜に薄川水力発電所〜美ヶ原温泉〜浅間飲泉の20km弱という近所ジョギングをしただけ。気温が昼でもマイナスという真冬日続きで若干の積雪もあるが、アイスバーンに気をつければまだ走るのには困らない。

あと一気にいくつかのレースにエントリーし、今年のイベント参加スケジュールがおおよそ固まった。

去年自転車ではそこそこの戦績を収めたがマラソンは悔しい思いが続いたので、今年はかなりランニング志向となる。例年は4月の長野マラソンが終わると飽きて自転車に移行するが、今年は夏場も続けるということ。例外として松本→善光寺ウルトラオリエンテーリングよりはグランフォンドKOMOROを優先した。目立つ格好が不許可のAACRよりはアニメ好き向けかと。

12年前、自分が初めて参加したランニング大会である三郷アップルマラソン。その流れをくむ安曇野ハーフマラソンにようやく初めてエントリーした。代わりに信州スカイパークはハーフではなく10kmの部に縮小。ともかく怪我の悪化に気をつけて、飽きずに頑張りたい。

1/7-9 ハリハリ幕張

Mshiruko寝正月の続きをしたい三連休だが、今冬の青春18きっぷをまだ3回しか使っていない。土曜は仕方なく始発に間に合うよう早起きして、どの方角にするかぎりぎりまで迷ったが名古屋に向かう。つるみゃあで降りてつるみゃあ公園からジョギング開始。御器所を経由して坂を登れば霊峰喫茶マウンテン、また来ちゃった。そういえばローリングガールズの聖地でもある。スタンプ埋めのため期間限定のいちごスパをと考えていたが、壁メニューを見て抹茶しるこスパをオーダーする。やがて魔女釜と云われる深い土鍋になみなみと注がれた、毒々しい真緑の抹茶スープがやってくる。中には甘口抹茶を練り込んだスパゲティ、2個のミニ鯛焼き、数個の餅が入っている(幸か不幸かあんこ玉を入れ忘れられていたようだ)。量的に余裕と思ったが、途中で気付く。「スープもちゃんと飲み干さないと遭難扱いでは?」…これが激甘だし、土鍋だからいつまでも熱い。定番の甘口スパ四天王より難易度が高いと感心する。どうにか登頂したが、激苦のストロングコーヒーを飲もうが水を飲もうが、口の中にはいつまでも激甘抹茶の粉っぽさが残るのであった。これが名古屋だ。

Okhazamaもう二度と食うものか!って後悔してもまた来ちゃうんだよね。気持ち悪さを堪えつつ、ゆっくりジョギングを再開する。熱田神宮にお参りするか?東山公園でコアラを見るか?…地図とにらめっこしてると隅に桶狭間古戦場跡を発見、これに決定。南に走った国道1号で豊明市に入り、石碑が並ぶ古戦場伝説地をゴールとする。狭く急な谷をイメージしていたが、平地に若干の起伏がある程度なんだな。言わずと知れた今川義元の討死地で、大河ドラマ「直虎」の父もここらで亡くなっている(後で調べたら桶狭間古戦場とされる場所が名古屋市側にもあり、どちらが本家か対立している様子なのが面白い)。少し引き返し、旧道の有松宿を散策する。東海道五十三次には数えられない間宿だが、古い町並みと、絞り染めの伝統が良く残る穴場的な観光地だった。名鉄を名古屋まで乗り、JR側の駅は君の名は。の聖地。駅のきしめんでやっと口をしょっぱくするが、まだ甘い感覚を残したまま帰松。

/

日曜は市内ジョギング程度。夜は雪かきに追われるが中途半端に終わる。

/

Ultira月曜、18きっぷ最終回を消費するため仕方なく始発で東京へ下る。どうせ雪でストップするだろうし行ける所まで…と思ったら定刻通りに高尾、東京、そして海浜幕張に到着。でっかいジャスコの映画館まで猛ダッシュすれば11:30の回に間に合う! 予告編が始まっていたけどぎりぎりセーフで「planetarian〜星の人〜」のウルティラ上映に滑り込んだ。知る人ぞ知るセンシャラウンド/9.1ch向けの音響施設を微調整したとのことで、確かに戦闘シーンや雨音などが半端なくクリア。また廃墟プラネタリウムの中という独特の空気感もリアルに再現されていて、それだけで悲しい世界にいるみたい。ちょっと見慣れた浜松の街並み、そして前回観たのとはまた別のシーンでも目からお湯が噴き出して止まらなかった。圧巻のLiaエンディング曲まで、この設備で観ることが出来て本当に良かった。テレビメディアを味方に付けず、高評価なクチコミも大抵Keyファンが持ち上げているだけという扱い止まり(私なんぞはKey嫌いだったのだが)。で甲信地方の劇場では総スカン。はっきり言って人気のないこの作品を、館長の趣味?でよくぞやってくれているものだ。このまま「もっと評価されるべきアニメ」で終わるのか、プラネタリウム番組化?の話もあるようだが。

Makuhariフードコートで昼食後、モールで欲しい物は特に無いしジョギング開始…すぐ止めてしまった。松本の積雪状況が心配で、体力を余したかったから。とぼとぼと幕張メッセを歩き、駅前でもう一休みしてから往路と同じルートで帰松する。もう当面、長野県外に出る用事も金もないな。

9/3-4 名古屋プラプラ節

土曜、毎月恒例のカフェピラータギターサークルのためジョギングで美鈴湖へ上がる。ぼちぼち発表会とかありそうだが大丈夫か?

Alpico日曜、朝イチの高速バスは満席だったが首尾よくキャンセル分を確保して、栄まで乗る。名古屋市科学館にはオープン45分前に二百名弱の行列が出来ている。さすが名古屋、世界最大のプラネタリウム…これでも一時の狂騒は落ち着いたのだろう。16:40最終回狙いで、A3という良席をゲット。再入場が可能なので、とりあえず一般展示をざっと見ておく。科学のあれこれ、マリワカ気分。また、カールツァイスIV型投影機の静態展示だけでもテンションが上がる。大昔、渋谷の五島プラネタリウムで見た記憶がおぼろげに。

8tamaここから西南に向かってジョギング。雨予報だったので日焼け止めを持って来てないのに、暑くてかんかん照り。道が広いのもさすが名古屋。港近くのでっかいジャスコまで何とか耐え、スガキヤでラーメンセットを摂る。

隣接するトーホーシネマズで、お目当の映画はプラネタリアン。電子ノベル版や配信アニメ版の内容を一言で表すなら「廃都市で30年間客を待ち続けたロボットがスッゴイカワイソ」であり、キャッチコピーの「Keyが贈る珠玉のSF感動作」以上でも以下でもないのだろう。しかし廃墟とか宮沢賢治とか、かつて憧れていたはずのプラネタリウムとか宇宙とか、そういうものに私は心の琴線をかき鳴らされ、あとは製作者の意のままに涙腺を蹂躙されるばかり。こんなに泣いたのはかみちゅの廃墟回以来だよ。映画は総集編プラス後日譚なので、配信版を観てなくても大丈夫そう。観終えた後にパンフレットも購入。思い出すたび、また水分と塩分を持っていかれるんだろうな。

Univからの、実際にプラネタリウムを観るというシナリオが我ながら最高なの。あおなみ線と地下鉄東山線で栄に戻れば、間もなく上映時間。解説員はおっさんだけどこれも味がある、大人向けのプログラム。無限遠にも思えるドームで、都会で見る星のまたたききから産業革命前の漆黒の澄み切った夜空まで再現、ちょっと驚く立体的な映像もある。ああ、私も「星の人」になりたい。今は細々と、サイクリングやジョギングの趣味を語るのみ。

アップル名古屋栄で、ツールド美ヶ原の7年ぶり自己ベスト更新とマウンテンサイクリング乗鞍の7年ぶり1:20'切りを達成した自分への褒美として、新しいトラックパッドとキーボードを購入。レビューは次回? 名鉄瀬戸線とJR中央本線で松本に帰る。

乗鞍のチャリ載映像を、5倍速、等倍速ともユーチューブにアップした。これから美ヶ原と合わせた「松本ヒルクライム」ダイジェスト版をニコニコ動画向けに作る…余裕はあるかなー。
→YouTube: 【5倍速】全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016
→YouTube: 【等倍速】全日本マウンテンサイクリングin乗鞍2016

2/26-28分 アマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ

※ブログシステム不調の為、更新が大幅に遅れました。

Theque有休の金曜、松本から名古屋へ鈍行で向かう予定だったが大寝坊。慌てて特急しなのに飛び乗り、千種駅で下車する。雑居ビルの一室にあるのが名古屋シネマテーク。席数40のミニシアターだが、かなり積極的に営業している印象だ。間もなく「パンターニ 〜海賊と呼ばれたサイクリスト〜」が始まる。名古屋での最終上映回で、席は半分以上埋まった。とある欧州の山岳巧者、のお話。果たして自転車ロードレースに「かじる程度」の興味しかない私が観て面白いのか?

…結果は十分な見応えだった。繰り返しの表現がクドく感じる部分もあったが。最近機材にかなり手を入れたとかで、シアター音響は意外に良好。それにしても、プロスポーツ界に限らず日本の芸能界から政治界に至るまで、マフィアによる経済汚染は見て見ぬふりをするしかないのか? 社会は自浄能力を持ちえないのか? これは人類存続にも関わる問題ではないかと、勝手に話を広げて考えてしまう。

Toaru800…からの、山岳制覇へ。少しジョギングして「名古屋の山」こと喫茶マウンテンでおやつにする。さっきパンターニに先立って「甘くない砂糖の話」という映画の予告編を見たばかりで、砂糖ヤバイよと思いつつ。ここはローリング☆ガールズの聖地でもあったね。注文はソフトコーヒーと、多分初めて挑戦する甘口バナナスパ。熱くて甘いが旨い旨い。食べ終わるころ油っぽいかな?と感じる程度で無事登頂する。甘い物でお腹いっぱいにしたい欲でコーヒーフロートも追加し、満足気分で食後のジョギングへ。めーでゃー(名大)や胡散臭い清明神社を経由し大曽根駅まで走って、鈍行で松本に帰る。

土曜も大寝坊で、トレーニングなし。連れと「ヒトラー暗殺、13分の誤算」を松本シネマライツで鑑賞する。同監督のヒトラー〜最後の12日間〜は動画サイトの嘘字幕MADでかなり有名だろう。いずれも、迫真の演技で時代の閉塞感が伝わってくる。2日連続でとんでもなく重い映画を観たが、カラッとすぐ忘れてしまう娯楽大作よりは良い。

Nakaone日曜はジョギングに出られた。いつもは弘法山から中山霊園へ登っていく、意外な痩せ尾根の遊歩道を、逆ルートで走ってみる。千鹿頭神社や山辺ワイナリーを経由して帰宅。2月は250km走る計画が、その半分程度で終わった。閏年だからあと1日ある?…いや3月から頑張ろう。

7/25-26 映画応報

Ireirope土曜の朝、うーさーでも観ながら食事をしていたら二度寝したくなり、次に気が付いたらもう午後。慌てて炎天下の激坂を自転車で駆け登る。一応タイムを計るが奮わず、慰霊塔までで終了。こんな日は無理すまい。美鈴湖に下りてカフェピラータでゆっくりする。最近ここに来てもなかなかサイクル野郎を読み進められなかったが、今日ようやく30巻まで…四国編が続く。んで普段自宅では観られないBS放送のツール・ド・フランス録画も楽しいし、ランスマは飛騨高山ウルトラマラソン特集。いつか、ウルトラにも復帰したいと思いつつ。

日曜は薄川沿いの信州家で蕎麦を食べてからシネマライツで映画「バケモノの子」を観る。バトルシーンの音響が良いアクセントになり、何でもありっぷりがどんどん畳み掛けてくる。連れと「これはもう一回観よう」という話になった。めぐろでとんかつを食べ、コメダでゆっくりして。あれ、身体を動かしていない。今日は心を動かしたからいいや。

12/1 さよなら、グロ

マルショウのパンを買い食いしながら、徒歩で南松本の映画館へ向かう。上映時間が迫って最後は駆け足になったけれど。
お目当ての映画はイングロリアス・バスターズ。映画嫌いの私が年に二作も観るなんて珍しいが、タランティーノ監督作品をリアルタイムで観られる機会って貴重な気がしたからだ。今日の日付を知らずに行ったら、月初ということでファーストデー価格1000円だったのは嬉しい誤算。館内は十数人。ドイツ人がコテンパンにされる内容を日本人が観て楽しめるのかという疑問はあったが、細かい事はどうでも良い。案外シリアスなものの敵も味方も大マヌケで、終わってみれば気分爽快。やたら腹が減ったのですぐに牛丼屋へ駆け込んだ。
アドバンスド大戦略のグロリアス・デイというBGMを脳内再生しつつ帰宅。歩数は17284だった。

8/12 奇々こいこい

Lights8 昨年12月にオープンした南松本のシネマライツ8に初めて行ってみた。映画館は4年振りという私のお目当ては『サマーウォーズ』。信州上田の風景をアニメ化したってだけでも興味を引くし、友人の薦めや日に日に高まるネット上の評判、最後には特報のエフゲニー・オネーギンが背中を押した。昨日『時かけ』のテレビ放映があった今日であるが、客席の埋まりは七割くらい。
前半は信州ネタが畳み掛け、館内のざわつきがくすぐったい。後半はメタモルフォーゼに謎の感動。総じて2時間の密度が濃く、脳内デフレーション状態の私でも正規料金1,800円が高いとは思わなかった。

暗くなってからジョギングに出撃。考え事しか出来ないジョグ中は、余韻の整理に最適である。世界を救うチャンスをことごとくパーにしておきながら咎められない大家族の面々の、馬鹿っぷりが後から沸々と可笑しいのだ。
いつの間に田溝池から浅間飲泉、そして野球場。ああここ映画に出てきたね。さらに美ヶ原温泉まで回って16.5km走行。昔は四人家族でよく花札をして遊んだものだ。一瞬だけ映る松本市街地の風景はどこだったのだろう。

4/9 レーザーブルブル絶好調

期末セールの時期を過ぎ、何とか物欲を押さえ込んだと安堵したのも束の間、四月に入ってむしろ値下がりしたものがある。ポチッとな。やっちまった…。そんなことに大枚はたいている場合か!
というわけでブルーレイディスクレコーダーが届いた。あまり映画なんて観る趣味はないのに、なぜ買っちゃったんだろう? 愚かな物欲だ。とにかく早く設置をしたいところだが、その前に旧レコーダーに撮り溜めた番組の消化と、DVD-Rへの避難を行う。購入して一年少々、焼き機能を使うのは初めてだが、デジタル放送を録画するのにDVDはあまりに容量が少ない、レガシーメディアと化したことをこの期に及んで実感した。
Bw750 旧機は放っとけば確実に地デジ難民と化しそうな姉の家に叩き送ることにし、やっとブルレイ機の設置である。紙筒でできた小さいテレビ台に収めるには、奥行きの短いパナソニック製しか選択肢が無かった。またディスプレイにはテレビチューナーが付いてないので、レコーダーがシングルチューナーだとやはり心もとない。ダブルチューナーのBW750に決定。ディスプレイとはHDMIで接続し、フルHD表示は出来ないが1680×945ドット表示となり繊細さは充分だろう。
初めてのBDソフトは、普通はダークナイトや秒速5センチメートルあたりが定番なのだろうが、何となく「スカイ・クロラ」を購入。押井守には愛知万博であんだけがっかりさせられたことを私は忘れてしまったのだろうか。でも観なくちゃいけないような気がしたのだ。ジョギングなどの時間の都合で二夜に分けて視聴する。
映像は、高画質に驚くというより「あたりまえ」がそこにある感じ。DVD-Videoはボヤけ過ぎだし地デジは圧縮ノイズが目立ち過ぎる。右上に変なロゴがあるし。そういったストレスが完全に取り払われた。音質もひずみないね。
映画の内容については、ネット上での評判の悪さを承知した上で観た訳だが、現時点ではやはり愛知万博の押井パビリオンのがっかり感に似ている。わけわかんねぇ。青空が美しくBGVとしては申し分ないので、それ目当てで何度か流しているうちに何かが解ってくるのかも知れない。

4/13 津軽丸ひろこ

ジョギングしようと玄関を出たところで、ちょうど友人が遊びにきた。まぁこんなこともあるさ。
何かDVDを借りに行こうとも思っていたので、レンタル屋に出向く。戦艦大和の話題がてら「連合艦隊」を選択。太平洋戦争の歴史は何かと覚えているし、去年映画館で観た「男たちの大和」との共通点も多いので、ストーリーにどうとか思うよりもプラモデル的な特撮シーンが印象になってしまった。当時(1981年)の技術でももうちょっと工夫の余地があったのではないかと。あまり関係ないけど今日のタンカー沈没映像は迫力あったな。

暗くなる頃、改めてジョギングに出る。でもまだ走るのが怖い。左足をかばってると右がおかしくなるし。6.5kmコースを回って帰る。どのみち、今さらバタバタと距離を稼ぐ時期ではない。

もう一本、「セーラー服と機関銃」のDVDを観る。これも1981年作品。先週借りた「時をかける少女」と対で観るもののようだし、主題歌(夢の途中)が気になっていた。流行り廃りのアイドル映画だと軽く思っていたが、構図に妙に凝ってるし、何気にハードで重い。

それにしても一日に2本も観てしまうと、私のトロい処理能力の脳みそでは消化不良を起こしてしまう。よっぽど軽い娯楽映画でない限りは。名作なんてクソクラエだ(只今混乱中)。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005