« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

9/30 湖周に固執

昼は何かを探して街をチャリンコで徘徊。夕方になって浅間の激坂経由、美鈴湖へ登りに行く。暗峠の件がトラウマ(←大袈裟)になってるのか、脱チェンが怖くて思いっきり踏み込めない。いずれにせよ6月の全盛期のような脚力は今は昔で、まぁのんびり登ろうや。

Sepset もう日が沈む時間だが、美鈴湖の周りをジョギング開始。あまりにも9月分の達成が250kmギリギリだと、草野球のキャッチャーかなと考え過ぎたのだ。湖周の半分ほどは細い土の遊歩道なのが楽しい。3周まわってワン!
計6.5km走行。だいぶ暗くなって、チャリでおっかなびっくり人肉館前を下りてゆく。

9/29 足裏マン

ただ目標距離に到達すればいい、ってだけの浅間温泉往復8kmコースを設定してジョギングする。足裏に珍しく発生したマメがあり、しかも潰してしまったのでちょっと痛いが、ペースには影響ない。
これで9月走行は250.5kmと、辛うじて目標を超えた。その割にあまり走ってない気がするのは、チャリの方がおざなりになっているからだろう。月の前半はツーリングがあったからいいけど、後半は体調不良のしわ寄せを食らってしまった。自転車こそ秋のうちに乗っておくべきだ。

9/28 愛のメモリ

不具合報告が多いiTunes7の導入になかなか踏み切れず、水槽の金魚のようにパクパクとアップデートを待ち続けること2週間、やっと今日インストール。同時にiPodもアップデート。無駄に明るかったバックライトが調節できるようになったのが嬉しい。動画再生の階調表現が良くなった気もする。今の所不具合はなく、もっとガンガン色々試してみたい。

携帯電話の新規契約を検討中で、これまた金魚のように“発表”を待ち続けた。なるほどSoftBank 910SHは、デザインはともかく光学3倍スズズの魅力は強烈だ。904SHに心が傾いていたのだが、どう決断を下したら良いものか…。

ジョギングは薄川へ。このコースの利点は、薄川上流に登って下った後、自宅までまた軽く登りがあること。スタミナとパワーを同時にアップできるのだ。16.5kmを87分とやや速めのスピードで走り終えた。

夜、通販で買ったノート用メモリが届く。デフォルトの256MB+256MBでずっと籠城するつもりだった私の堀を埋めたのは、GoogleEarthの高機能化だ。ますますメモリイータ化するiTunesなどと合わせ、最高のおもちゃ達が動作でいちいち引っかかるのは悲しい。
1GB+256MBとして、無事起動・認識。そもそもCPUが今となっては遅いから、めくるめくストレスフリー環境とはいかないが、じわじわと恩恵に授かれればいい。

9/27 間近まじかよ

開いたブランクを気にしながら、ジョギングで田溝池への坂を登って行く。また壱からやり直しだ、ってほど力が落ちているわけじゃないが、足元が不安定だ。ゆっくり目に浅間温泉廻りの12.5kmを走り終えた。こころなしか、行き交うジョガーの数が増えている。

大町アルプスマラソンの参加通知書が来ていた。ずっと先のことだと思っていたのに、もう間近か。2000人規模、フルだけだとその半分以下? と小さめの大会のようだが、楽しみだ。半年前長野マラソンの受付の前で、必死に声を上げて大町マラソンのパンフを配っていた少年が思い浮かぶ。

9/26 風邪と共に走れぬ

引き続き停滞中。症状は引いたのでトレーニングやれないこともないかな、と思ったら冷たい雨が降ってるし。今ならかえって免疫がついてるからやりたい放題…と思えるほど元気じゃない。
自室用カレンダーだけ作成。また瀬戸内の旅に出たいな。

9/25 医食妄言

引き続き風邪が治らず。普通こういう時は食欲が無くなるものだが、私の場合は日頃の暴食に加えて果物や3連プリンまでがつがつ食うから、確実に太る。だって風邪を引くとプリン食べたくなるでしょ。マロを虜にしたそなたが憎い。

ちょっと前のニュースになるが、犬丸りんさんが亡くなられたのは少しショックだった。

9/24 厚さ薄さも彼岸まで

だめだ風邪っぽい。私が風邪を引く筈はないのだが。もう薄い布団一枚じゃ、寝てる間に体が冷え冷えになって耐えられない季節になったようだ。というわけで少し厚めの布団を干してスタンバイ。これで今夜からは大丈夫だ。

先月の大菩薩峠越え強走を登山記にして「ギムナシオン」にアップロード。身軽な頃の自分がうらめしい。

9/23 ハットしてグゥ

朝まで起きてしまったので、6時にジョギングに出る。体のコンディションは悪いが、まぁのんびり行こうや。岡田の田園地帯はハットを被ったおばさんがあちこちでウォーキングをしていて、おはようございますと挨拶をしてくる。早起きをした訳じゃないので罪悪感がある。
田溝池まで登ってみたが、足首の上あたりに疲労骨折でも起こりそうな不安定さを感じ、ショートカット岡田旧道ルートで帰る。10.5km。それから寝る。グゥ。

夕方起きる。こうも生活不順だと、頭痛。

9/22 奇声ラッシュ

なんちゃってアクティブレストとして、チャリで街を徘徊する。気が付いたらドン.キホーテの前に来たので寄ってみよう。大阪のドンキは何度か入ったことがあるが、松本店は出来たばっかだし初めてだ。必要悪とでも言うべき存在の店だろう。のっけから香水のかをりに酔うし、方向感覚を失いそうな構造の店内に、こだまする奇声。ああ新世界紀行。
Cybeat 何も買わずに出る予定だったが、雑貨ウォッチコーナーが目に入った。いいかげん、手のひら持ちのストップウォッチではサイクリングやジョギングの時間計測がやってられないので、安物でも何でも良いからとヤフオクを物色中だったところだ。ここでいいじゃん。1200円のもあったがデザインがあんまりなので、1999円の、小型のものを購入。G-SHOCKの劣化コピーで「だっせー」と言われそうだが、腕時計嫌いの私が普段着用することはない。
帰って電池交換の練習のため開けてみる。なるほど中は雑な作りで、簡単に壊れそうだ。ラップタイムの記憶機能がないのが残念だが、そこらへんは頭を使え。

9/21 補給王ヤマザキ

おもむろに(←この表現好きよ)クルマで信州スカイパークに出掛け、一周9kmのサイクリングロードをジョギングで走り出す。午後1時スタート。

一周目。妙に体が硬い。左足首に不安も抱えている。この道で走るからには1kmあたり5分以内に収めたいが、無理があり余計に足が硬くなる。1周帰ってきて駐車場のクルマの所に“ピットイン”。ActiveDietを補給したあとのラップ計測で、何とか45分ジャスト。

二周目。ようやく足が動くようになり、力を解放気味に。沿道の木々はわずかに赤みを帯び始めている。今か今かと飛行機の離着陸を待ちわびるカメラマン達はいつもいる。自分もカメラ持ってくりゃ良かったかな。VAAM Water補給後、ラップ44分。

三周目。勢いが続かずダレてくる。僅かな登り勾配がもうキツい。この公園はとてもお金をかけていて、花壇のカラフルミックスなコスモスが奇麗だ。コスモスと言ってもおもちゃの自動販売機じゃない。ActiveDiet補給後、ラップ45分。

四周目。陽が陰ってきたので楽になるのを期待したが、足はパンパンだし腕はエネルギー切れで冷たくなってくる。ペースを守れるかどうかの闘いになった。この周回で最後にしようと奮起して、ラップ45分。

というわけで、36kmを2時間59分とジョギングの数字としてはまずまずだ。でも、もう一周走りたかったのに完全に足を使い切ってしまった。adidasシューズをモッテスレバいくらでも走れると過信していたが、今の自分にはまだフルマラソンを目標通りに闘う力は備わっていないようだ。

ヤマザキ薄皮あんぱんで糖分とタンパク質をチャージ。無事帰宅できたのは良かったが、バタンキューで何もできやしない。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005