« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

12/28-29 海 笑み 忌み

西へ。松本から始まる青春18きっぷの旅は木曽の山中を抜け名古屋、さすがの雪景色な関ヶ原を過ぎて大阪に着く。姪たちに頼まれた買い物があるので梅田や阿倍野橋の街を歩き回り、少し足が棒になった。古市の姉宅で一泊。

翌朝も始発から、鈍行旅を続ける。ほとんど寝てるか旅会話の本を読んでるかだが、ふと車窓に目をやると山陽の明るい多島美が広がる。これでも旅情としては十分ではないか?

409998011125081

夕方にようやく山口県下関に到着。ここから釜山行きのフェリーが出る。「♪海にお船を浮かばして 行ってみたいなよその国…」日本人なら誰もが皆、初めて歌った外国への憧れ。私にもついに実現の時が来た。海外なんか一生行かないかもと思ってたが、なんせ運賃が安い。18きっぱーは2等船室が半額の4500円となる。まるであずさ回数券だ。他に諸々の料金がかかるけど。

今日の下関発は韓国船籍の星希(ソンヒ)。年末最終便のため混雑するようだが大丈夫か? 夜行2等といえば、かつて乗った鹿児島〜奄美と奄美〜沖縄で奴隷船状態だった経験があるので、以来回避し続けているグレードだ。

それに旅先への不安をたくさん抱えている。最近悪循環が急加速している両国民感情も気になるところ。それでもこの、心の底から沸き上がるワクワクは国内旅行ではなかなか得られないなと。多少のトラブルは楽しむつもりで、生きて帰国しよう!

で、言葉がさっぱり頭に入らないままなんだが。

12/21-23 大手別れて梓川

すっかり平日ジョグから遠ざかっている。せめて三連休にしっかり走って勢いを付けたいところだが…土曜日もまだ不調で、庄内公園を回って復路途中の大手までの8kmで終わり、小松の巨大な牛乳パンとハムカツパンを貪る。

Saistart日曜日こそは追い込もうと安曇野へ向かうが脚が回らず、気が変わって梓川と奈良井川の合流地点突端を目指すプチ冒険ランにする。河原の丸石に足を取られて歩きが多くなるが、たまにはこういうのもいい。ここが犀川の最上流部となり、はるか犀峡の先で千曲川に合流するまで続く。お腹が空いたので安曇野市側の梓川サービスエリアでコンビニパンを買い、さらにロイヤルスウィートバニラソフトクリーム380円なるものを貪る。梓橋経由で帰宅し18km。

Keshitt祝日の月曜日は復調してきた。昨日が川なら今日は山。城山や芥子望主山を繋ぐ遊歩道をぐるり一周の12kmは、日陰は雪道だがまだ走れなくもない。登り坂はハイペースじゃなくても呼吸を追い込めるので良い。やっぱり自分は走るのが好きなんだなーと思う。

あとは自宅でiPadゲームやったりと無駄な時間を過ごした三連休。年末の旅支度も全然進まなかった。日本語の会話すら苦手な僕が、これから外国語を覚えられるのか?

12/9-15 憧れのプサン航路

ふとフェイスブック上で「船旅がしたい」とつぶやいたことから、冬休みにフェリー旅行をしようと徳島〜東京便あたりを軸に考える。時刻表を眺めているうち、国際航路のページが目にとまった。いっそ下関から釜山に渡るか?

俄に外国旅行熱が湧き上がり、たまたま予定のない有休を月曜日に取ってあったので、じゃあ生まれて初めてパスポートを作っちゃおうと思い立った。だが前日深夜になって、申請のためには本籍地で発行する戸籍謄本(抄本)が必要だと判明。自分の本籍なんて何処だっけ? パソコンで古い運転免許証のスキャン画像を掘り出したら東京都葛飾区と書いてある。…もうだめだ。郵送してもらう手筈では間に合わない。諦めて、やはり日本国内の航路で妥協しよう。

Katsuいや、あっちでこう周ろうとかいろいろ考えちゃったし、もう熱は冷めないんだ。完徹のまま松本インター朝4時30分発の高速バスに飛び乗り、葛飾区役所で戸籍謄本を貰ったらまた高速バスで松本にトンボ返り。インターすぐそばの松本合同庁舎でパスポートの申請へ。これも一筋縄ではいかず、自宅で撮った顔写真ではメガネのわずかな色カブリにケチが付き、自動機で撮り直しとなった。初めからメガネを外して撮れば良かったらしい。

こうして余計な交通費や写真代が掛かったし、印紙証紙16,000円も痛いが、あとは受渡日を待つばかり。時間さえあれば旅先について調べたいことが大量にあるから、つい夜更かしする日が続く。平日の朝ジョグはとうとうゼロになってしまった。

土曜日は薄川沿いの17kmをゆっくり、日曜日は人肉坂から浅間峠超えの16kmを急ぎのペースでジョギングする。疲れがない状態なので、楽ではある。

むらよしギムナシオンのページに6月の「つがいけサイクルクラシック2013参戦記」をアップロード。遅れ遅れの更新で需要も無さそうだが、やっぱりこうやってまとめて行きたい。

12/8 ナイスミドルディスタンス

Horigane冬本番はまだ先だってのに、年々寒さに弱くなってる気がして、平日朝のジョグは1回だけの週だった。土曜日は田溝池〜浅間温泉の基本ルート12.5kmをややハイペースに。日曜日はあづみ野自転車道の松本〜堀金を往復する24.5kmを急がないペースで走る。中距離ジョギングは久々。どこをどう走ろうが「久々」という言葉が付く段階だが、スピード、スタミナともちょっとだけ慣れてきたかな。あとは引き篭って年末の旅行計画を練っているところ。

半月前の松本→東京サイクリングについて、とりあえずフォトアルバムだけPoinで作成終了した。ブログ付属のフォトアルバム機能があまりにも使えないのでフォト蔵を使うようになったが、これも最近は半端な課金が始まって今は亡き動画サイトzoomeと同じ道を辿っている気がする。と言ったら失礼かもしれないが、サクサク見せるには不便だった。という訳で新進気鋭のPoinである。次の旅行もこれでやってみたい。

R254face_2→Poin:国道254号サイクリング(iOSアプリ上で閲覧すると、写真をピンチイン出来たりします)

11/30-12/1 遅れた奥能登

先週の日曜日、つくばマラソンの応援に行った。友人HMは自己記録を大幅更新する3時間10分そこそこでゴール。現時点での走力は彼の方があるだろうし、4月の長野マラソン(3:08')というずいぶん過去の栄光にすがっても、トラック1周分くらいの差まで追い付かれている。久々に強力なライバルの出現を喜ぶと同時に、ちょっと焦る。

Daionという訳で、というかいずれにせよ来年の長野マラソンはサブスリー必達なのだから、そろそろちゃんと練習再開としたい。平日の火・木は短い距離ながら朝食前ジョギングをし、土曜日は松本北部の多彩な地形を利用したトレイル探索に出る。浅間温泉から横谷城のある大音寺山に登る道は分岐が無数にある急登で歩きも多いが、どの道を行ってもいずれ尾根沿いにでる。ここは走ってて気持ちが良い。

空堀を渡って一旦車道に出ると、大正山への登山道がある。熊鈴を付けて登るが、以前よりちょっとヤブっぽくて分かりづらくなった。それもそのはず、標高1060mの頂上は周囲が完全に木々に覆われ、展望がなくなっていた。山火事から年月が経ち、こうして元の植生に戻っていくのは良いことだけど、訪れる人は減るだろうな。

車道に戻り、勝手にトーチカと呼んでる謎小屋から下りる道を発見して突入してみる。たくさんの倒木を跨いだり潜ったりしつつ、さっきの空堀筋に出た。往路とはクロスする形でそのまま進み、浅間温泉まで下りて帰宅。距離12.5km、獲得標高差510mほど。

日曜日の今日は薄川沿いを若干ハイペースで走る。水力発電所のちょっと先、宮原神社まで登って県道を下り、「ファーマーズガーデンやまべ」で時計を止めて買い物。ここは松本産大豆が1kg280円と激安で、大量に食うなら発芽させて毒素を抜く技術を覚えたほうが良いかしら。

他に根菜類も買い込み、ランニングパックはずっしり。時計を再開して自宅まで計17km走行、標高差170m。

あとはゴールデンウィークの能登旅行記作成を今更ながら急ぐ。夜遅くにようやく書き終えた(→自転車キャンプツーリング記:奥能登一周と湯涌温泉)が、この調子だと今年分の旅行記・参戦記は今年中に書き終わらないかも知れない…。

それと先週末のランについて、iPad操作の練習がてら、Poinというブック作成アプリでフォトアルバムを作り始めた(→国道254号サイクリング)。まだ途中だけど。テーマを決めて日記を書くならシンプルで使い勝手が良く、趣味の可能性が広がるアプリだ。友人@toowitterが開発しており、フィードバックも出来ればと思う。

やることいっぱいあって、無料配信のドラクエIで遊んでいる場合じゃないぜ。クリアしちゃったけど。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005