2/3 メイチカセツブン

2/3 メイチカセツブン

松本バスターミナルから名古屋行の高速バスに乗る。列車じゃなくてバスを使うようになったら負けかな、と思ってる。でも途中通る恵那山トンネルは未体験だったから良かったかも。トンネルで思い出すのは小学校低学年の頃。子供が公民館に集められて、交通安全教育の一環なのか日本坂トンネル事故のえぐいビデオを見せられた。燃え。今でもあの大惨事は夢に出てくる。でも高速のトンネルってゲームみたいで好きだけど。

名鉄バスセンターで降りて、あとは近鉄電車を乗り継げば松本→大阪(古市)の最安プランが完成する。でもそんなに急いでもしょうがない。道中の楽しみは名古屋しかないから、いかにここで暇潰しをするかにかかっている。お腹を空かせる為にもメイチカやユニモール、ESCAを散々歩き回り、昼食はひつまぶしにした。鰻の蒲焼ご飯を、一杯目はそのまま、二杯目は薬味を乗せて、三杯目はダシをかけて食べる。蒲焼の香ばしさがダシのうま味と合わさった時、確かに感動がある。名古屋名物の、ちょっと贅沢なお茶漬けだった。

東急ハンズで土産を買い、近鉄線に3時間余揺られて古市到着。

12月19日 神様は年少兵

朝イチ(といっても10時)の映画館へ『男たちの大和/YAMATO』を観に行く。あんま映画なんて趣味はないし、この作品も無関心なまま時が過ぎ去りそうなものだが、尾道を観光した時(このページ右のフォトアルバム参照)に実物大ロケセットに寄った勢いで特別前売券を買ってしまったものだから、しょうがない。でも初期評判は上々のようだし、楽しみに観る。
・・・泣けた。単に戦争憎し、平和万歳ではなく、すっかり忘れられてしまった大切なことが、メッセージに込められている。本当に日本人の心からそれが失われれば、また一気に戦争へと向かう。(私はいずれ戦争が起こることを前提に生きているが。) 朝日新聞社が一枚噛んでいるから、アンチウヨな方でも安心して観られるだろう。戦闘シーンについても「船一隻沈めるのにそんなに火力がいるのか!」と恐ろしくなった。映画の聖地巡礼がてら、また尾道を歩きたくなったよ。

余韻に浸りつつ、ランチを求めて街を徘徊する。ビルを見上げてみても、この街に大和の艦橋ほどの大きさを誇る建築物はない。一周したのち『野麦』という蕎麦屋に入った。週末なら行列ができる松本一の人気店だが、今日は季節柄もあってか、3つしかないテーブルに一組いただけだった。大盛1,300円を注文。ざるそばが大きな丸いざるに乗って出てくる。明らかに工業的に作られたものとは一線を画す舌触りが面白い。そしてたいてい2口以降はどうでもよくなるのに、ここのは最後の一口まで“蕎麦の味”を楽しませてくれる。シャキッとした気分で店を出る事ができた。

Kurosawadec (写真はアパートのベランダより、何となく撮った。)

12月5日 蜂の子ブンブン

持久力トレーニングは今月から二日にいっぺん、で落ち着きそう。
今日は部屋の一隅があまりに散らかっているので、これを洗うことにした。出るわ出るわ、未開封のDMや請求書、電化製品のパンフレット、観光地の絵地図や入場券、意味不明なメモ、読むまでもない説明書、期限切れの保証書、昔の仕事の資料、その他雑多な書類。これを燃えるゴミと資源ゴミに分けるのに馬鹿に時間がかかる。思い出になるようなものも心を鬼にしてポアするが、そのうちやになって基準が曖昧にないってゆく。ギリギリ自立しているようで、自己管理のなってなさに愕然とするのであった。
ようやくある程度スッキリして、まだ未開拓な場所はあるものの、諦めて晩飯にする。タンパク不足解消のために、実家からかっぱらってきた蜂の子の大和煮だ。んー、あまり味しない。蜂の子は信州伝統の珍味であるが、私の知る限り今時の信州人は昆虫食が出来ない。あるいは出来ない振りをする。まぁ必要もないか。

11月4日 風邪の大食い

一度悪化した体調は簡単には治らず、体中が少し痛い感じ。だいたい一ヶ月周期で体調が良くなったり悪くなったりしてるから、やな予感はしてたんだけど。
今日もトレーニングはしないことにして、歩いて街へ下りる。NHK支局で長野マラソンの申込書を貰ってきた。そのころ(来年4月)に走れるかどうかは謎だが。昔働いてたピザ屋にも行き、チラシを貰ってくる。今夜中にWebページを更新するため。年末にちょっと仕事お世話になろうかな・・・。
マラソン前はスパゲティとか食っとくといいらしい。という訳で、松本B級グルメの歴史的定番(?)「ヤマナミ」というスパゲティ屋に入る。エビの串焼き乗せで750円は安い。夕方前の微妙な時間で他に客がいないのに、何らBGMがかかってないのがシュールだ。ともかく昔懐かしい感じのソフトで甘太い麺は楽しめた。(でも今の体調の私には、ちと量が多かった。)

10月11日 秋の宮島

夜行船は未明の北九州・新門司港に到着。JR駅への送迎バスが3分後には発車。これで小倉駅まで乗ることもできるが、門司駅で途中下車することにした。みなさんさようなら。
きっぷに今日の日付スタンプを押してもらい、門司港駅まで列車で移動。こういったぶらぶら旅でないとまず寄らない土地だ。夜が明けてゆく。レトロチックな駅舎や旧館たち、雄大な海峡風景、そこに浮かぶ関門橋、強い潮流に負けじと行き交う大小の船。門司いいよ門司!
Kanmon関門橋のたもと、和布刈(めかり)公園を登り、ここからもその俯瞰を満喫する。すっかり門司港が今日のメインになってしまったな。さらにエレベーターで海底トンネルに降りて、下関を目指す。さあ、歩いて本州に帰ろう。
本州側の地上に出ると、そこは壇ノ浦。大河ドラマ出演者達の手形が飾ってあって笑える。こちら側は昔チャリで走ったことがあるが、ゆっくり歩いてみるのも格別。潮流がいつの間に凪いでいるのが、時の流れを感じさせる。門司港から10kmは歩き回って、下関駅に到着。予定よりすっかり遅くなった。鈍行列車に乗って東へ急ぐ。
下関発岡山行という7時間超の長大な運行設定にJR西日本の投げやりさ(?)を感じつつ、眠気でうとうとしたり多島美にうっとりしたり。4時間経った途中の宮島口駅で下車。青春18きっぷで宮島連絡船に乗るのが夢だった(今回のきっぷは18きっぷとは微妙に違うが)。
Miyajima1関門でゆっくりし過ぎたしわ寄せで、宮島は早足で回る。ここって日本三景でしかも世界遺産なんだっけ? 台風の度に話題になる所だよね。時間を気にしつつ、オタフクソースののぼりに誘われて広島風お好み焼きを食べることにした。
おいしくて、何か心もお腹もいっぱいになってしまった。これ以上、何を観光せよと言うのだ。こういうタイミングで死ねれば幸せかしら、なんて考えないけど。
本土に戻り、JR鈍行でさらに東へ東へ。姫路あたりの安いカプセルにでも泊まろう、などと思いつつ地図を眺めていたら、急に尾道案が浮上。もう暗くなっちゃったし、列車に乗り続けるのもしんどいしなぁ。とりあえず尾道駅で降りてみる。お、4,000円のビジネスホテルがある。よっしゃ、ここに泊まろう。
Crane・・・それでも安いとは思えないようなお粗末な宿だったが。まあいい。風呂を済ませてから、夜景でも撮りに外出する。向島にある造船所クレーンや尾道大橋のライトアップがキラキラ奇麗。ひんぱんに往復する何系統もの渡船もここならではだ。さらに尾道といえばラーメンなので食べてみる。まあまあ。

10月3日 拾いまクリ三兄弟

Shibuikekuriいよいよ朝から絶好調。チャリで浅間の激坂を経由、600mアップの渋池まで登る。このへんは、小さな山栗がたくさん落ちている。3年前も金欠だったのでよく拾ったものだ。今年はもう最盛期を過ぎつつあるが、今日は30個あまり拾っておいた。
昼は眠気をこらえつつ、HDD内のAAC(音楽)ファイルをなるべくVBR化する作業に没頭。ほんのちょっと音質が良くなる訳だが、そんな細かいことにこだわんなくてもいいじゃん、て気もする。
夕方はジョギング。3週間ぶりに150mアップの田溝池まで上がる。急登をどう克服するかとペース配分をするのが楽しい。岡田の旧街道筋を下りてくるコースで10.5km走った。
Torikuri晩飯は、朝拾った栗でご飯を炊く。鶏肉が余ってたので、適当に切って一緒にお釜にブチ込んだ。題して“鶏栗カマメシ”。栗がぼろぼろになってしまったし、色合い等もっと改良すべき点はあるが、これはこれでおいしく食えた。

コンビニの誘惑 フィギュア4

050916_0025.jpg子供の時分からガンダム嫌いなのに、私はいったい何を集めているんだろうか…。だってペプシにキャラクタフィギュアが付いているんだもの。ダイエット●ークは不味いがダイエットペプシはいけるし(?)。
何でガンダムが嫌いだったかと言うと、戦闘マシンが人の形をしてるのが非現実的だと思ったから。二足歩行させるだけでもどれだけバランス制御が大変か、などと考えていたのはマブチモーター二足歩行キットにハマっていた小二の頃で、それ以前に幼稚園の教室のテレビで流されてたロボットもののアニメを既に毛嫌いしていた。「カッコイイ」という価値観が理解出来なかったんだろうな。そんな夢のない少年が、自分をカッコ良くすることを出来ないまま、今に至る。
それにしても、こんな食生活を続けているようじゃ、ナンボ走っても顔が丸いままだわ。

8月25日 残す人に福はなし

昨夜は過剰に疲れていたせいかちっとも寝付けなかった。体力トレーニング云々より早寝早起きの習慣をつける方がよっぽど理にかなってるのに、すっかり大寝坊。ダメな奴。

曇り空が黄色に染まる頃、ようやく外出。普通に歩く分には支障ないぐらいには、足が回復している。サプリメントとかアイシングのおかげだろうか。

台風来ねーなー。

気分転換に、たまには旨いものを外食したいと思いつつ、信州大学近くを徘徊。結局「めんや食堂」という普通っぽいラーメン屋に入る。どちらかというとスープより麺が旨いラーメンだが、スープまで全部飲むと、丼の底に「いっぱい食べてくれてありがとう。」と書いてある。達成感があって小気味よい。

コンビニの誘惑 コーラヨーヨー

最近セブンでコーク瓶が復刻販売されている。250mlで250円と少々お高いが、オマケでヨーヨーが付いてくる。
ヨーヨーといえばロス五輪のときにイーグルサム・デザインのものがクラスで大流行し、しかし弱気な9歳の私は親にねだれず、空き缶を加工して自作した。イーグルサムの絵まで書いて。
時は過ぎ去り21年後。そんなオモチャに、、、釣られてしまった。
一回目はビギナーヨーヨー。軸に紐が固定されているが、これはこれで連続輪投げなど奥が深い。
二回目も同じビギナーを引いてしまった。心置きなく一台目を分解。直らなくなった。
三回目はパッケージの隙間から中身を確認した上で、プロフェッショナルヨーヨーをゲット。軸空転タイプは初体験で、難しい…。
ともかく狭い部屋でブン回すようになったので、オーディオのスピーカーにネットをかぶして悲劇予防。
050811_1812.jpg

コンビニの誘惑 超ULTRA-LEMON

05-07-17_03-45嗜好が基本の暴君ハバネロ様に戻ったのはいいとして、一緒に買って来たのが【すっぱさ4倍】Fanta! 超ウルトラレモン【炭酸炸裂!】。こんな間食続けてたら確実に味覚障害。でもこういう無茶をしたくなる時ってあるでしょう。

つぶやきとジョグの記録

最近の投稿動画

相互ブックマーク

勝手ブックマーク

更新ブログ

他の所有アカウント

Powered by Six Apart
Member since 05/2005